HOMEニュース陸上の橋岡、江島が強化選手に 東京五輪へ追加認定

ニュース

陸上の橋岡、江島が強化選手に 東京五輪へ追加認定

カテゴリ:オリンピック
2015.11.22

 日本陸連は22日、2020年東京五輪で活躍が期待される「ダイヤモンドアスリート」に認定した13選手を発表し、ともに16歳で日本ユース選手権の男子で走り幅跳びを制した橋岡優輝(東京・八王子高)と棒高跳び優勝の江島雅紀(神奈川・荏田高)が新たに加わった。世界選手権の男子短距離代表、サニブラウン・ハキーム(東京・城西高)ら1期目の11選手の指定は継続となった。
 選ばれた選手は中長期的な視点でエリート選手として強化され、語学力向上も目指す。(共同)





ページトップへ