HOMEニュース野球教室を開催!「オリンピックデー・フェスタ in 花巻」レポート

ニュース

野球教室を開催!「オリンピックデー・フェスタ in 花巻」レポート

カテゴリ:震災復興支援
2013.12.20
野球教室を開催!「オリンピックデー・フェスタ in 花巻」レポート
オリンピックデー・フェスタ in 花巻(写真:アフロスポーツ)
野球教室を開催!「オリンピックデー・フェスタ in 花巻」レポート
バットを握り打撃を教える小久保さん(写真:アフロスポーツ)

 日本オリンピック委員会(JOC)は12月7日、全日本野球協会と岩手県花巻市の富士大学スポーツセンター人工芝多目的運動場で「オリンピックデー・フェスタ in 花巻」を開催しました。オリンピックデー・フェスタは、東日本大震災復興支援JOC「がんばれ!ニッポン!」プロジェクトの一環として、「スポーツから生まれる、笑顔がある。」をスローガンに、多数のオリンピアンやアスリートがスポーツを通じて被災地の皆様とのふれあい活動を行うイベントです。

 今回のフェスタは野球教室を開催。講師として野球日本代表(侍ジャパン)監督の小久保裕紀さん、プロ野球・阪神タイガースで活躍する安藤優也投手、ソウルオリンピック日本代表コーチ、バルセロナオリンピック日本代表監督の山中正竹さんら13人が参加し、地元の子どもたち199人と交流しました。


野球教室を開催!「オリンピックデー・フェスタ in 花巻」レポート
子どもたちの投球フォームに視線を送る安藤投手(写真:アフロスポーツ)
野球教室を開催!「オリンピックデー・フェスタ in 花巻」レポート
バッティング指導を行う佐藤真一さん(写真:アフロスポーツ)

 開会セレモニーでは、参加アスリートによるあいさつが行われ、小久保さんは上手になって、成功するための3つの条件として、「素直さ」「全力で取り組むこと」「笑顔」を挙げ、1日笑顔で楽しむことを呼びかけました。

 野球教室はキャッチボールからスタート。基本的な投げ方をアスリートが熱心に指導する姿が見られました。その後はポジションに分かれて、投球練習や守備練習などが行われ、子どもたちは一流選手の技を身につけるべく、真剣な表情で取り組んでいました。最後にホームランバッターとして活躍した小久保さんによる打撃のパフォーマンスが行われ、参加者たちは打球音、鋭さに驚いていました。

 閉会セレモニーでは、恒例のつながる火を2014年からプロ野球・埼玉西武ライオンズに入団する山川選手が紹介し、次回の開催地・宮城県「岩沼」へつなげることを宣言。最後に参加した子どもたちが、「ありがとうございました」と大きな声で、お礼のあいさつを行い、今回のフェスタは閉幕しました。

ハイライト動画


「オリンピックデー・フェスタ in 花巻」開催概要
■日時:2013年12月7日(土)12:00〜15:00

■会場:富士大学スポーツセンター人工芝多目的運動場
(岩手県花巻市下根子450-3)

■参加オリンピアン・アスリート
・山中正竹
バルセロナオリンピック 日本代表監督
ソウルオリンピック 日本代表コーチ

・西正文
ソウルオリンピック 銀メダル
バルセロナオリンピック 銅メダル

・小島啓民
バルセロナオリンピック 銅メダル

・高見泰範
バルセロナオリンピック 銅メダル

・佐藤真一
バルセロナオリンピック 銅メダル

・大島公一
バルセロナオリンピック 銅メダル

・杉浦正則
バルセロナオリンピック 銅メダル
アトランタオリンピック 銀メダル
シドニーオリンピック  出場

・黒須隆
アトランタオリンピック 銀メダル

・小久保裕紀
バルセロナオリンピック 銅メダル

・安藤優也
アテネオリンピック 銅メダル

・山川穂高
第6回東アジア競技大会(天津) 金メダル

■全日本野球協会派遣
・大田垣耕造
シドニーオリンピック日本代表監督
アトランタオリンピック日本代表コーチ

・廣瀬寛
バルセロナオリンピック日本代表総務担当
トヨタ自動車野球部長

■プログラム:野球教室





ページトップへ