HOMEニュース「JOCスポーツ賞」受賞の選手から喜びの声が届きました

ニュース

「JOCスポーツ賞」受賞の選手から喜びの声が届きました

カテゴリ:選手強化
2010.07.02
「JOCスポーツ賞」受賞の選手から喜びの声が届きました
JOCスポーツ賞の授賞式(提供:アフロスポーツ)

昨年度の活躍をたたえ選手達に贈られた「平成21年度JOCスポーツ賞」。6月19日の授賞式に参加した8名の選手から、メッセージが届きました。今年の抱負、そして2012年ロンドンオリンピック、2014年ソチ冬季オリンピックへの意欲も語ってくれました。


■古賀淳也選手
世界水泳選手権大会で、100m背泳ぎ優勝、50m背泳ぎ2位。どちらも日本新記録の快挙でした。


■内村航平選手
世界体操競技選手権大会で、オリンピック・世界選手権を通じて日本人最年少(20歳)での個人総合王者となりました。



■上野順恵選手
世界柔道選手権大会の63?級で、全試合1本勝ちで優勝を収めました。



■羽生結弦選手
フィギュアスケートの男子シングルで、ジュニアグランプリファイナル、世界ジュニア選手権ともに優勝しました。



■村上佳菜子選手
フィギュアスケートの女子シングルで、ジュニアグランプリファイナル、世界ジュニア選手権ともに優勝しました。



■村上幸史選手
世界陸上競技選手権大会のやり投げで、日本人初となる銅メダルを手にしました。



■田畑真紀選手
バンクーバー冬季オリンピックのスピードスケート・チームパシュートで、小平選手・穂積選手とともに、銀メダルを獲得しました。



■穂積雅子選手
バンクーバー冬季オリンピックのスピードスケート・チームパシュートで、小平選手・田畑選手とともに、銀メダルを獲得しました。


多くの選手が、日本のスポーツに残る活躍をした平成21年度。今年度も、チームジャパンの選手たちの活躍が楽しみですね。





ページトップへ