HOMEニュースのべ1,269名が参加! 2012オリンピックデーラン士別大会

ニュース

のべ1,269名が参加! 2012オリンピックデーラン士別大会

カテゴリ:イベント
2012.09.26
のべ1,269名が参加! 2012オリンピックデーラン士別大会
2012オリンピックデーラン士別大会
のべ1,269名が参加! 2012オリンピックデーラン士別大会
開会式で行われたトーチリレー

 日本オリンピック委員会(JOC)は9月9日、北海道士別市の士別市陸上競技場で「2012オリンピックデーラン士別大会」を開催しました。
 オリンピックデーランは、6月23日のオリンピックデーを記念し、オリンピックムーブメントの普及・啓発を目指して全世界で行われているオリンピックデーイベントの一つです。日本では、オリンピアン(オリンピック出場経験者)と一般市民がジョギングを中心とした様々なプログラムを一緒に楽しむことを目的に、1987年より全国各地で実施しています。

 22回目の開催となった士別大会には、ジョギング(2.6 km)の部に405名、ウォーキング(2.6 km )の部に392名の計797名が参加し、“オリンピックふれあいアンバサダー”の荻原健司さん、中村真衣さん、宮下純一さんを含む合計7名のオリンピアンとともに汗を流しました。


のべ1,269名が参加! 2012オリンピックデーラン士別大会
ジョギングで参加者とふれあう荻原健司さん
のべ1,269名が参加! 2012オリンピックデーラン士別大会
トークショーで参加者からの質問に答えるオリンピアン

 ジョギング、ウォーキングの後には、昨年と同様、オリンピアンによる○×クイズとトークショーを実施。○×クイズではオリンピアンそれぞれの競技や自身についての問題を出し、参加者を迷わせました。そして最後に残った7名には、オリンピアン7名それぞれが景品の記念メダルにサインをしてプレゼントをしました。

 トークショーでは、受付時にあらかじめ参加者から募集した質問をオリンピアン自らが質問箱からピックアップ。選ばれた質問者はその場で前に呼ばれ、オリンピアンそれぞれに質問を投げかけました。「あなたにとってスポーツとは何ですか?」や「60歳になって始めたいスポーツは?」など多岐にわたる質問に、真剣に考えながら回答するオリンピアンからは意外な一面が垣間見え、大変盛り上がりました。選ばれた質問者は特典としてトークショー後にオリンピアン7名と記念撮影を行いました。


のべ1,269名が参加! 2012オリンピックデーラン士別大会
前日の8日に実施された多治見麻子さんによるバレーボール教室

 トークショー終了後には、オリンピアンのサイン会を実施。参加者はデーランTシャツなどにサインをお願いし、握手したり会話したりしながら、オリンピアンとのふれあいを楽しみました。

 また、昨年に続いて前日の8日には、士別市内で地元の中・高校生を対象にバレーボール教室を開催しました。オリンピアンの多治見麻子さんが講師を務め、生徒たちは多治見さんの熱心な指導に真剣な表情で応えていました。


<2012オリンピックデーラン士別大会 実施概要>
■実施日 2012年9月9日(日)

■実施場所 士別市陸上競技場(北海道士別市南士別町)

■天候 曇りのち雨(気温=16.9〜22.0℃)

■実施種目
・オリンピックデーラン(2.6kmのジョギング、ウォーキング)
・スポーツチャレンジ(ストラックアウト、走り幅跳び、走り高跳び)
・オリンピアン○×クイズ
・オリンピアン・トークコーナー
・オリンピアン・サイン会
・スポーツ教室(8日開催):バレーボール教室(士別市総合体育館)

■参加者数 のべ1,269名
・オリンピックデーラン:計797名(ジョギング:405名、ウォーキング:392名)
・スポーツチャレンジ:計75名(ストラックアウト:13名、走り幅跳び:27名、走り高跳び:35名)
・オリンピアン○×クイズ:150名
・オリンピアン・トークコーナー:120名
・オリンピアン・サイン会:100名
・バレーボール教室:27名(中学生13名、高校生14名、見学の小学生25名)

■参加オリンピックふれあいアンバサダー
・荻原健司(スキー・ノルディック複合)
・中村真衣(水泳・競泳)
・宮下純一(水泳・競泳)

■参加オリンピアン
・田中光(体操)
・多治見麻子(バレーボール)
・土井槙悟(スピードスケート)
・金村萌絵(カーリング)





ページトップへ