HOMEニュース竹田会長がIOC委員に就任「世界への貢献に努力したい」

ニュース

竹田会長がIOC委員に就任「世界への貢献に努力したい」

カテゴリ:お知らせ
2012.07.27
竹田会長がIOC委員に就任「世界への貢献に努力したい」
IOC委員に就任し抱負を述べる竹田会長

 国際オリンピック委員会(IOC)の総会が26日、ロンドンで行われ、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恆和会長が委員に任命されました。嘉納治五郎JOC初代会長が初めてIOC委員に就任してから、日本人として13人目の選出となります。
 これを受け会見を開いた竹田会長は「これは多くの日本のスポーツ関係者の皆様のお力添えのおかげであり、心から感謝を申し上げたいと思います。大きな責任を感じる一方、大変光栄に感じております。日本のみならず、世界のオリンピック・ムーブメント推進にできるだけ努力していきたい」と抱負を語りました。

■就任にあたっての竹田会長のコメント
 IOC委員に選出されたことを、大変光栄に思っております。IOC関係者の皆様に、深く感謝申し上げます。馬術の選手として1972年ミュンヘン、1976年モントリオールの両オリンピック競技大会に参加して以来、幸運にもオリンピック・ムーブメントの推進に様々な形でたずさわることができました。日本のみならず国際的にもさらに一層オリンピック・ムーブメントの推進に貢献できることを大変嬉しく思います。たくさんの人々、特にユース世代が一層スポーツに参加していただけるよう、これまで以上に貢献して参りたいと思います。





ページトップへ