HOMEニュースJOCの就職支援「アスナビ」:朝日健太郎選手が(株)フォーバルに内定

ニュース

JOCの就職支援「アスナビ」:朝日健太郎選手が(株)フォーバルに内定

カテゴリ:その他活動
2011.05.31

 日本オリンピック委員会(JOC)が行っているトップアスリートの就職支援ナビゲーションシステム「アスナビ」を活用し、ビーチバレーボールの朝日健太郎選手が情報通信コンサルタント集団『株式会社フォーバル』に採用内定されたことが5月31日に発表されました。「アスナビ」による内定は5人目で、入社予定日は7月1日となります。


JOCの就職支援「アスナビ」:朝日健太郎選手が(株)フォーバルに内定
内定式に出席した朝日選手(左)とフォーバルの大久保秀夫代表取締役会長(写真提供:株式会社フォーバル)
JOCの就職支援「アスナビ」:朝日健太郎選手が(株)フォーバルに内定
北京オリンピックで日本人初の決勝トーナメント進出を果たした朝日選手(写真:AP/アフロ)

 フォーバルは、「アスナビ」の『明日の日本の「スポーツ界」と「社会」を担うトップアスリートを支援する』という趣旨に賛同し、採用を内定。「朝日選手のオリンピック出場の夢を実現するという決してあきらめない心、新しいことに挑戦し世界を舞台に活躍しているスタイルが、『新しいあたりまえ』を創造し続けてきた当社のビジョンやスピリッツに合致していることから、朝日選手が当社の社員として競技に全力を尽くす姿を社員一丸となって応援することで、社員の連帯感がより一層高まり、社員一人一人が刺激を受け更なる成長に繋がる」と期待を寄せています。

 朝日選手は、2002年にオリンピック出場という夢を実現するためにバレーボールからビーチバレーボールに転向し、以後、第一人者として内外で活躍。念願となるオリンピック出場の夢を2008年北京オリンピックで果たし、日本人初の決勝トーナメントに進出(9位)しました。31日に行われた内定式に出席した朝日選手は、「ビーチバレーボール転向以降培った挑戦する気持ち、ベンチャーアスリートとしての精神を評価され、フォーバルの一員として正式に迎え入れていただけた事に感謝します。この経験はアスリートにとってこの上ない支えとなり、これが後進のアスリート達のモデルとなってくれることも願っています。競技引退後も活躍できるよう、ロンドンオリンピック出場を目指しながら、フォーバル社員の皆様と共に前進していきたいと思います」とコメントを発表しました。

「アスナビ」は、JOCゴールドプラン委員会/スポーツ将来構想プロジェクトの「指導者・選手の環境整備ワーキンググループ」を中心に進めてきた就職支援プロジェクト。JOCは今後も、企業と選手の架け橋となるよう「アスナビ」による支援を行っていきます。






ページトップへ