大会

HOME大会オリンピック競技大会リオデジャネイロオリンピック2016ニュース【メダリスト会見】金メダルのベイカー選手「柔道人気を復活させたい」

第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)

ニュース

【メダリスト会見】金メダルのベイカー選手「柔道人気を復活させたい」

カテゴリ:オリンピック
2016.08.12
【メダリスト会見】金メダルのベイカー選手「柔道人気を復活させたい」
笑顔で写真に収まる3選手、(左から)田知本選手、ベイカー選手、星選手(写真:フォート・キシモト)

 リオデジャネイロオリンピックの柔道男子90キロ級で金メダルを獲得したベイカー茉秋選手と、女子70キロ級で金メダルを獲得した田知本遥選手、競泳女子200mバタフライで2大会連続の銅メダルを獲得した星奈津美選手が11日(現地時間)、TOKYO2020 JAPAN HOUSEで記者会見を行い、メダル獲得から一夜明けた心境を語りました。

――一夜明けて、メダルの実感をどのように感じていらっしゃるか。ご家族との触れ合いや、友人からのメッセージもいっぱい届いたと思います。その辺りも踏まえていま、どのような気持ちでしょうか?

田知本選手 少しずつ実感できています。自分の夢を達成できたんだなというふうにしみじみ感じております。

ベイカー選手 家族が泣いて喜んでいる姿を見て、とても頑張って良かったなって思いました。

星選手 私も本当に水泳人生最高のレースが昨日はできましたので、本当にほっとしているという気持ちです。

――柔道のお二方にお伺いします。田知本選手は女子がなかなか金メダルが出ないなかでの金メダルということですが、試合前に感じていたプレッシャーですとか、女子柔道のなかで金メダルというものが、どういうふうな意味を持つのか教えてください。ベイカー選手は試合後にガッツポーズをしたり、笑顔が見られたりして、ほかの柔道の選手とはちょっと印象が違う感じだったんですけれども、日本の柔道界でどういう貢献をしていきたいのか、お伺いしたいと思います。

田知本選手 金が前の選手になかったことについてのプレッシャーはあまりなかったんですけど、前の選手が勝ってきても負けてきても同じように、あとの選手がどちらにせよ思いは一緒だと思ったので、自分のやるべきことを達成するだけだと思いました。特にそういった意味ではプレッシャーはなかったんですけれど、自分自身との格闘というか、自分自身でやっぱり絶対にかなえたいという部分のところで、すごくプレッシャーはありました。

ベイカー選手 柔道界は人気が低迷していると言われている中で、僕はかつて井上(康生)監督がオリンピックで優勝した姿を見て、柔道に対する思いが強くなったので、僕はいま逆に自分がそういう立場なのかなと思っているので、オリンピックを機にまた柔道人気を復活させたいなって思っています。


――いま一番したいこと、食べたいもの、会いたい人は誰でしょうか?

星選手 私は今回5月の夏に日本を出発してから、本当にそのままずっと海外遠征でここまで来たので、とにかく日本に帰ったことでまず感動するんじゃないかなといま思っています。やっぱり食べたいものは、焼肉ですかね(笑)。やっぱり家族に一番会いたいです。

ベイカー選手 昨日はもうずっと、試合が終わってからもアドレナリンが出てなかなか寝付けずに、まだ寝ていないのでとりあえずゆっくり休みたいです。日本に帰ったら私も濃いものというか、とんこつラーメンが食べたいです。会いたい人というか、実家に犬がいるんですけど、犬が好きなので犬に早く会いたいです。

田知本選手 一番会いたい人は昨日、姉にもう会えたんですけど、もう一人本当に姉のように慕っている浅見(八瑠奈)先輩、48キロ級で代表になれませんでしたけど、姉のようなもう一人の存在なので、浅見先輩に日本に帰ったら会いたいのと、食べたいものは自分の住んでいる街の行きつけの何カ所かのお店に、リラックスして行きたいです。

――3人の方に、率直にブラジルの印象を聞きたいんですけれど、何か一言でもブラジルの印象をお願いします。

星選手 競泳の会場では、本当に歓声がすごかったので、地元の選手でなくても、やっぱり世界記録が出たり、優勝した選手を称えてくれる拍手がものすごく大きくて、私たちも温かく迎えてもらえているような印象だったので、本当に私自身も楽しくレースができました。

ベイカー選手 ブラジルっていま冬ですよね。冬なのに暑い、それだけです(笑)。

田知本選手 正直すごく治安面とかニュースでいろいろやっていて、すごく怖い面もあったんですけど、いざ来てみたら全然そういうことはなくて、人もすごく親切で全然大丈夫だなという印象と、2013年の世界選手権で1回戦負けしてしまって嫌なイメージがあったんですけど、今回は最高に良いイメージになったので、すごくブラジルに対して良い印象になりました。

――一夜明けて、もう少し試合でこうできたなと改善できるような部分がもしあれば教えてください。

星選手 私はまったくありません。インタビューでも答えたんですけど、本当に最後はもう腕も足も動かなくなるくらいまで出し切れたので、あれが本当に最高のレースだったなと思います。

ベイカー選手 自分自身精いっぱいやったつもりなのでそんなにないんですけれども、強いて言うなら決勝一本勝ちで終わりたかったので、バシッと一本で投げて終わりたかったです。

田知本選手 自分自身も本当に満身創痍でやりましたので、逆に昨日の試合をもう一回やれと言われても、ちょっとできないくらいの試合をできたと思っているので、ありません。


【メダリスト会見】金メダルのベイカー選手「柔道人気を復活させたい」
2大会連続メダルを獲得し、笑顔で会見した星選手(写真:フォート・キシモト)

――ベイカー選手に伺います。日本人が世界で勝てないと言われていた階級(90キロ級)で、こうやってオリンピックチャンピオンになりました。長身選手が多いなかで、どのように戦ってオリンピックチャンピオンになれたのか伺いたいです。

ベイカー選手 初めて2013年にシニアの試合にデビューしたんですけれど、そのときはすごくやりづらくて、苦手だなと思っていたんですけれど、そこからたくさん国際大会を重ねることによって、経験を積むことによって、なんと言うか戦い方が分かって、いまは苦じゃないというふうに変わりました。やっぱり経験でそういうふうになりました。

――もう少し具体的に言うと。

ベイカー選手 やっぱり国際合宿とかで、たくさん長身選手と組み合ったりとか、外国人選手の体の強い選手と組み合ったりして、組み合うことによって、相手の長所や短所だとかを分かって、それでだんだん苦手意識もなくなっていきました。

――3人は日本の顔になったと思います。日本の子どもたちにメッセージをお願いします。

田知本選手 本当にそうなれたら、子どもたちに対して何か自分が昨日の試合でメッセージを発信できていたら、本当にそれはうれしい限りです。やっぱり夢を持って、それに向かって成功するも失敗するも、それに向かって一生懸命打ち込んでほしいなって思います。何かそれで自分が手助けできることがあれば、本当に力になりたいという気持ちです。

ベイカー選手 僕も小さい頃からの夢がオリンピックチャンピオンになることで、ここまで来るのに逃げ出したいことや、つらいこともたくさんあったんですけれど、あきらめずにやってきたからこそ、こうしてオリンピックチャンピオンになれたので、あきらめなければ夢はかなうと思うので、あきらめないで頑張ってくださいと伝えたいです。

星選手 私も偉大な先輩方の活躍する姿を見て、自分もこうなりたいというふうに目標を持ちました。4年後には東京でオリンピックもありますし、ぜひ生でオリンピックを見て、少しでも身近に感じて、それをきっかけにオリンピックに出たいという目標や夢を持ってもらえたらいいんじゃないかなと思います。


前後のニュース


  • リオデジャネイロオリンピック2016
  • ニュース
  • 写真
  • 日程・結果
  • 競技一覧
  • 会場マップ
  • ハイライト動画
  • JOC公式動画
  • 日本代表選手団
  • ハンドブック・名簿
  • メダル・入賞者一覧
  • メダルランキング
  • 実施競技・種目比較
  • 日本代表選手団応援イベント
  • オフィシャルスポーツウエア
  • 日本代表選手団公式服装
  • マスコット紹介






ページトップへ