競技紹介

HOME競技紹介水泳・水球
水泳・水球

概要

 水深2メートル以上のプール内につくられた縦30メートル横20メートルのコートで、2チームがボールをゴールに投げ入れ合って得点を競う水中の球技。ゴールキーパーを含めた1チーム7人の選手たちは、試合中一度も底に脚をつけずにプレーします。攻撃開始から30秒以内にシュートまで持ち込まなければならないというルールがあり、それを過ぎると攻撃権は相手に移ります。試合時間は4ピリオド制(1ピリオドは8分間)。プールで行われる唯一の球技種目です。

 1860年代のイギリスで「ボールを決められた水上のポイントまで運び合うゲーム」として始まり、そのあまりの荒々しさから危険を防ぐためにルールが制定され、スポーツとしての水球が確立したとされています。オリンピックでは、男子は1900年パリ大会から、女子は2000年シドニー大会から行われています。

ルール・見どころ

 鍛え上げられた大きな体がプール内を縦横無尽に行き交い、激しくぶつかり合う水球。審判から見えにくい水中では、相手をつかみ、蹴り上げるといったプレーが少なくありません。ボールを持っていない選手に対してこれを行うとファウルになりますが、ボールを持っている選手に対しては、荒々しいコンタクトが許されています。この激しさから「水中の格闘技」と称され、さらにスピーディーなゲーム性を兼ね備えたスポーツでもあり、ゴール前を固めるゾーンディフェンスや、素早いカウンターアタックなど多彩な戦術も魅力の一つです。

 ゴールキーパー以外の選手は、ボールを片手で扱うことが定められています。1チーム7人であることや手を使ってボールをゴールに投げ入れること、選手交代の回数が自由であることから、ルールはハンドボールに似ているともいわれます。ゴール前、選手たちが軽々とボールを扱い、華麗なパスワークでディフェンスのフォーメーションを崩す場面などは、目を見張るものがあります。

 水球はファウルが多いことも特徴の一つで、それが得点を左右する重要なポイントにもなります。ファウルは、オーディナリーファウルとパーソナルファウルの2種類があり、前者は軽微な反則と見なされ攻撃権は移りません。一方、パーソナルファウルをした選手は自軍ゴール横にある「退水ゾーン」で20秒間の待機が命じられます。その場合は相手チームよりも1人少ない状態でのディフェンスを強いられるため、失点につながりやすくなります。

 選手はプールの底に足をつけず、身体を水中で垂直に維持しながらプレーします。それを可能にするのが、巻き足と手の平の動作で生まれる「揚力」です。相手のディフェンスを超えてシュートを打つときは、体をコントロールし、浮力をつくる「スカーリング技術」を合わせることで、瞬間的に上半身を思い切り高く水上に持ち上げます。片手でボールをつかんだ状態でジャンプし、全身の力を利用して打つシュートは、男子では時速70キロメートル程度、女子は時速50キロメートルを超えるスピードです。この豪快なシーンも、水球の大きな見どころのひとつです。

※東京2020大会組織委員会 公式サイトより


ページトップへ