競技紹介

HOME競技紹介スケルトン
ボブスレー・スケルトン

概要

 スケルトンは、氷で造られたコースを鉄製のそりで滑り降り、そのタイムを競う競技です。この競技の特徴は、足を前にして仰向けで滑るリュージュや、そり内に座って滑るボブスレーと異なり、頭を前にして、腹ばいになってそりに乗ること。第2回(1928年)と第5回(1948年)のオリンピック冬季大会では公式競技として行なわれましたが、その後はオリンピック競技から外れました。しかし、世界各国からの復活の声に押されて、2002年ソルトレイクシティー大会で54年ぶりにオリンピック競技へ復活しました。

ルール・見どころ

 スケルトンのそりは、ランナー(滑走部)と、選手が乗るシャーシー(本体)の極めてシンプルな作りです。競技発祥当時のそりが骨組みだけで作られていたことから、英語で骨格や骨組みを意味するスケルトン(skeleton)と名が付けられたと言われています。

 競技者はそりに腹這いになって乗り、重心移動によってそりを操作します。スタートではそりに装着されているサドル部分を握り、氷上を全速力で押して加速させ、加速が最高潮に達した時に、バレーボールのフライングレシーブの様に前方に飛び込みながらそりに飛び乗ります。

 滑走タイムの善し悪しは、スタートダッシュの速さ、コースのライン取り、空気抵抗の少ない滑走フォーム、用具によって決まります。競技会は男女別種目となっており、ワールドカップ等では2本、世界選手権・オリンピックでは4本滑走し、その合計タイムで順位を決めます。
 そり及び競技用用具を含む選手の総重量は120kgと制限されています(女子は102kg)。そりの重量の上限は45kgを超えてはいけません(女子は39kg)。
 競技の滑走順は早い順番ほど氷の状態が良く有利になります。このため、スタート順を決めるためのシードシステムが採用されています。


ページトップへ