第30回ユニバーシアード競技大会(2019/ナポリ)

第30回ユニバーシアード競技大会(2019/ナポリ)日本代表選手団の結団式を実施

2019.06.28  カテゴリ:国際総合競技大会

 日本オリンピック委員会(JOC)は6月28日、第30回ユニバーシアード競技大会(2019/ナポリ)の日本代表選手団結団式を行いました。

 式典には、日本代表選手団(選手団)416名(選手279名、監督・コーチ等84名、アディショナルオフィシャル53名)のうち、既に現地入り、または遠征等に参加している選手らを除く240名が出席しました。

 最初に国歌斉唱が行われた後、主催者を代表して山下泰裕JOC会長が挨拶。「新たな令和の時代を迎え、最初の国際総合競技大会に日本代表選手団として参加する皆さんには、心一つにチームジャパンの一員として日の丸を背負う誇りと自覚を持ち、正々堂々と全力で競技に臨み、国際親善にも寄与していただきたいと思います」と激励の言葉を送ると、1年後に迫った東京2020大会に向けても「50年、100年に1度の晴れ舞台。皆さんも夢に向かって生き生きと挑戦し、日本のスポーツ界の新しい時代を切り開いていただくことを期待しています」と述べました。

第30回ユニバーシアード競技大会の日本代表選手団結団式が行われた(写真:フォート・キシモト)
山下泰裕JOC会長(写真:アフロスポーツ)

 続いて、選手団の星野一朗団長、上野広治総監督をはじめ、渡部香生子主将(水泳/競泳)、島田敦旗手(射撃/ライフル射撃)ら選手団を紹介。その後、常陸宮殿下よりご下賜の団旗が山下会長より星野団長へ、星野団長より渡部主将介添えの下、島田旗手へと授与されました。

 次に、来賓の柴山昌彦文部科学大臣から祝辞が述べられ、「選手の皆さまにはぜひ、日ごろからの練習の成果を遺憾なく発揮していただきたいと思います」とエールを送るととともに、「多くの海外の選手との交流も大変重要な要素だと思います。若い選手の皆さまにはぜひ、このユニバーシアード競技大会を通じて国際交流にもしっかり取り組んでいただければ幸いです」とスポーツを通した海外選手との交流にも期待の言葉を送りました。

団旗を受け取る島田敦旗手(右)(写真:アフロスポーツ)
柴山昌彦文部科学大臣(写真:フォート・キシモト)

 選手団からは、星野団長が代表して挨拶に立ち、前回大会の第29回ユニバーシアード競技大会(2017/台北)では史上最多となる総数101個のメダルを獲得したことに触れ、「今大会でも国民の皆さまに元気を与えられるよう、チームジャパン一丸となって選手一人ひとりがベストを尽くしてまいります」と誓いました。また、ユニバーシアード競技大会では、競技力向上のみならず、参加各国・地域との友好を深め国際親善に寄与する目的があり、「イタリアの文化に触れ、国際交流を通して日本の文化や伝統を再認識し、特に選手が将来、人間力を備えた国際人として成長する良い機会となることを期待しております」と述べ、行動規範を遵守して自覚ある行動を徹底するように選手団に向けて呼びかけました。

 最後に島田旗手介添えの下、渡部主将が決意表明を行い、「私たちは第30回ユニバーシアード競技大会の名誉ある日本代表選手団に選ばれたことに誇りを持ち、チームジャパン一丸となって大会に臨みます。また、一人ひとりが自覚と責任を持って行動規範を遵守するとともに、積極的に参加各国・地域との友好親善に努めてまいります。応援してくださる方々への感謝の気持ちを胸に、来年の東京オリンピックにつなげられるよう日ごろの努力を存分に発揮し、全力で戦い抜くことを誓います」と力強く述べました。

星野一朗団長(写真:フォート・キシモト)
決意表明を行う渡部香生子主将(写真:アフロスポーツ)

 結団式終了後には、選手団の応援機運醸成プログラムが行われ、第24回ユニバーシアード冬季競技大会(2009/ハルピン)に出場し金メダル、銅メダルを獲得した小平奈緒選手(スケート/スピードスケート)から「ユニバーシアード競技大会日本代表選手団の皆さん、大会出場おめでとうございます。皆さんの活躍を期待しています」、同じく第26回ユニバーシアード冬季競技大会(2013/トレンティーノ)に出場し金メダルを獲得した髙木美帆選手から「競技はもちろん、選手村での生活や海外の選手との交流など、その時の経験や思い出が今の競技人生に生かされています。日本代表選手団の皆さん、頑張ってきてください」とビデオでの応援メッセージが送られました。
 また、サプライズゲストとして歌手のAIさんが登場し、「日本代表選手団の皆さん、心からいっぱい応援しています。勇気と希望と元気をぜひとも届けたいと思って、今日はやって来ました」と、新曲の『Summer Magic』と自身の代表曲である『Story』、『ハピネス』、『みんながみんな英雄』の全4曲を熱唱。歌のプレゼントに選手団も総立ちとなるなど大いに盛り上がりました。

 大会は7月3日に開会式を行い、14日までの12日間で15競技218種目を実施します。

歌でエールを送った歌手のAIさん(写真:フォート・キシモト)

ニュース一覧へ

前後のニュース

モバイル|パソコン