HOMEニュース柔道、ベイカー独へ出発 「挑戦者の気持ちで」

ニュース

柔道、ベイカー独へ出発 「挑戦者の気持ちで」

カテゴリ:その他競技情報
2018.02.21
柔道、ベイカー独へ出発 「挑戦者の気持ちで」
ドイツへ出発前に取材に応じる柔道のベイカー茉秋=成田空港(共同)

 柔道のグランドスラム・デュッセルドルフ大会(23〜25日・ドイツ)に出場する2016年リオデジャネイロ五輪男子90キロ級金メダルのベイカー茉秋(日本中央競馬会)ら男子日本代表が21日、成田空港から出発した。昨年4月に右肩を手術したベイカーは五輪後初の国際大会に向け「挑戦者の気持ちで闘ってきたい」と意欲を語った。右肩については「完全というわけではない。筋力という部分でも8、9割」と説明した。
 リオ五輪100キロ超級銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会)は初戦敗退した昨夏の世界選手権後に慢性疲労に陥り、オーバートレーニング症候群と診断された。今回が復帰戦。(共同)





ページトップへ