HOMEニュース【日本代表選手団コメント】平昌オリンピック開幕に寄せて(2)

ニュース

【日本代表選手団コメント】平昌オリンピック開幕に寄せて(2)

カテゴリ:オリンピック
2018.02.09

 第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)日本代表選手団の開幕に寄せるコメントを一斉配信します。

■スケルトン

・高橋弘篤
「ソチ大会は12位でした。今回は6位以内を目標にしています。この4年間の集大成にしたいし、全力でぶつかります。その結果、そり競技が元気になればうれしいです」

・宮島克幸
「初めてなので緊張するとは思いますが、自分の力を出し切ることを考えています。びびって守りに入るのではなく、攻めていきたい。挑戦したいです」

・小口貴子
「長年の夢がやっとかなって、オリンピックに出場します。でも、出場で満足するのではなく、少しでも上を目指して、戦いたい。自分の滑りをしたいと思います」

■カーリング

・両角友佑
「初めてのオリンピックでもうちょっとソワソワするかなと思ったんですが、相手もいつもの世界選手権と変わらないですし、いつもの代表メンバーと一緒に移動なので、まだあまり緊張感がなく、毎年の世界選手権の前みたいな感覚です。スキップとして作戦面では、相手にビビらずに、自分たちの特徴でもある攻撃的な作戦をしたいと思っています。男子は長野オリンピック以来の出場で、それ以来ずっと夢見て応援してくださった方々の思いに応えたいです」

・清水徹郎
「今シーズンずっとオリンピックのために行動しているなかで、年が明けてからより気が引き締まってきました。いよいよだな、という気持ちと、すごく楽しみな気持ちでいっぱいです。オリンピックはずっと目指してきた大会ですし、初めて出るんですけれども、今までやってきたことを全て出し切りたいなと思います。チームの目標であるメダル獲得のために、自分が高いレベルで安定したショットを供給できれば試合でも勝つことができると思うので、そこの安定度を求めていきたいです」

・山口剛史
「いよいよオリンピックだなという感じですが、緊張よりすごく楽しみという気持ちの方が強いです。チームの目標はメダル獲得。個人としては、カーリング選手のなかで一番良いショットをたくさん投げた選手になりたいなと思っています。自分がオリンピックに行きたいと思ったのは、小さい時に長野オリンピックを見て日本代表選手のカッコいいプレーを見て憧れたからなので、自分もそういう存在になりたいです。小学生から目指してきたオリンピックという場所で、今まで積み重ねてきたものを表現できればいいなと思っています」

・両角公佑
「オリンピックが決まってから長かったんですけれども、代表チームの制服やユニフォームが届いて、ようやくオリンピックに行くんだという実感が湧いてきています。前回はオリンピックに出るのが目標でしたが出場できませんでした。今回はそこから4年間しっかり準備してきたので、表彰台を狙うというチーム結成10年目の集大成を見せられる大会になればいいなと思います。僕自身、20年前の長野オリンピックを見てその後カーリングを始めたので、そういった選手が今後出てくるような、お手本となるようなプレーをしたいです」

・平田洸介
「平昌オリンピックが決まった時からずっとドキドキしていましたが、年が明けてからワクワクも少しずつ増えてきました。軽井沢のみなさんのたくさんの応援や支援のお陰で、僕らは今素晴らしい施設や環境でプレーできていると思うので、これをしっかり結果として恩返ししたいです。オリンピックはスポーツにおける最高峰の舞台なので、日本の代表として恥じないプレーをして世界を驚かせることができたらいいなと思います」

・吉田夕梨花
「2年前は同じ世界の舞台で(世界選手権銀メダルと)すごく悔しい思いをしてきたので、もう1回世界の大舞台で強い選手たちと戦えるチャンスがあるということがうれしいです。その悔しさをバネにそれぞれが努力してきた部分、チームとして強くなろうとしてきた部分をオリンピックで見せられたらと思います。私は持ち味である安定感あるプレーを平昌でも見せるために、緊張やプレッシャーなど、ネガティブな感情も全て受け入れて臨みたいです」

・鈴木夕湖
「オリンピックはとても大きくて特別な大会なのですごく楽しみですが、チームとしてやることは世界選手権など他の大会とそこまで変わりません。特に緊張もせず普段通りです。チームがベストパフォーマンスを出せるように、個人としてしっかりベストを尽くします。そのためにも今までどのようなときに良かったかというのをまとめて臨みたいと思います。周りから『楽しんできてね』と言われるので、ここまできたので楽しみたいです」

・吉田知那美
「今シーズンのカーリング界は、どのチームが優勝しても最下位になってもおかしくないと言われていて、全チームがきっ抗しているなかで行われる珍しいオリンピックです。そのなかで『強いプレー』をするにはチームワークがキーポイントになってくると思います。私たち史上最高のプレーをあのオリンピックという舞台で更新することができれば、必ず自分たちが想像していた以上の結果がついてくると信じています。私個人としては、4年前のオリンピックで自分自身にとても悔しい思いをしたので、4年前の自分にリベンジできるようにしっかり準備したいと思います」

・藤澤五月
「オリンピックを何回も経験しているチームは本番にピークを合わせてくると思うのですが、私たちはきっとオリンピック大会中にも、もっと成長できると思っているので チャレンジャーの気持ちで挑みたいです。私たちのチームの特徴は、ポーカーフェイスで戦う海外のトップチームが多いなか、本当に楽しく喜怒哀楽を全面に出してプレーすることです。海外のカーリングファンの方などにも『本当に楽しそうだね』と声をかけてもらえるので、それをオリンピックで最後の最後まで出せればいいなと、そこを見てもらいたいと思います」

・本橋麻里
「(2010年のチーム結成から)振り返ると短かったです。いろいろな選手が活動できる場所を残していきたいという気持ちでチームを作り、それに賛同してくださるスポンサーさんはじめ、本当に温かいチームでここまでこられたことにすごく感謝しています。初めてのオリンピックから12年経って今の年齢となり、カーリングだけなくいろいろな人生経験を積んで学んでこられたので、落ち着いて(大会本番を)迎えられると思います。カーリングの認知度は非常に高まってきていますが、今回はさらに男女でアベック出場となります。これまで女子だけの力では足りなかった影響力を、男子と女子で表現できることはとても意味があると思います」

■バイアスロン

・立崎幹人
「ずっと夢見てきた舞台に立てるので、特別な思いはあります。しかし、やることは普段の大会と変わらないと、自分に言い聞かせています。それほど緊張していないし、自分のやるべきパフォーマンスを出すことに集中します」

・田中友理恵
「4年前は最後の国内選考で代表を逃してしまいました。あそこから競技に対する姿勢が変わりました。それがあって、いまの私があると思っています。今までやってきたことを焦らずにしっかり出したいです」

・立崎芙由子
「3回目のオリンピックです。初めて代表になったときは、自分の頑張りでバイアスロンが注目されるようにならなければいけないと、変に考えすぎ、気負いすぎでいました。以前は外国勢を恐れていた部分がありましたが、そういうこともなくなったので、集中して競技ができると思います」

・三橋李奈
「前回のオリンピックでは体調を崩してしまい、精神的にも万全ではありませんでした。とにかく楽しく、自分の力を出し切りたいと思います」

・古谷沙理
「競技を始めて1年でユニバーシアードの代表にはなりましたが、まだまだ力が足りないと実感し、一からやり直してきました。バイアスロンはエンターテインメント性が強い競技ですし、見ている人にドキドキ感、ワクワク感を届けられればと思っています」

・蜂須賀明香
「4年に1度の特別な大会ですし、緊張すると思います。それでも、楽しんで競技したいし、楽しんでやろうとの気持ちを大切にしたいです」

以上





ページトップへ