HOMEニュース「2017オリンピックデーランひたちなか大会」を開催 伊藤華英さん、大林素子さんら6名のオリンピアンが参加

ニュース

「2017オリンピックデーランひたちなか大会」を開催 伊藤華英さん、大林素子さんら6名のオリンピアンが参加

カテゴリ:イベント
2017.12.20
「2017オリンピックデーランひたちなか大会」を開催 伊藤華英さん、大林素子さんら6名のオリンピアンが参加
2017オリンピックデーランひたちなか大会(写真:フォート・キシモト)

 日本オリンピック委員会(JOC)は11月26日(日)、茨城県ひたちなか市のひたちなか市総合運動公園陸上競技場で「2017オリンピックデーランひたちなか大会」を開催しました。

 今回はオリンピック・ムーブメントアンバサダーを務める伊藤華英さん(競泳)と、大林素子さん(バレーボール)、池田信太郎さん(バドミントン)、佐藤光浩さん(陸上競技)、土橋登志久さん(テニス)、桧野真奈美さん(ボブスレー)の計6名のオリンピアンが参加。のべ2,851名の参加者が、オリンピアンと一緒にジョギングやオリンピック実施競技体験のほか、チャレンジ体力テストやAED心肺蘇生体験プログラムなどを行いました。

 オリンピック実施競技体験では、走高跳、走幅跳、ティーボール(野球)を行いました。ティーボールではティーの上に置かれたボールをバットでどれだけ遠くまで打てるかを競い、池田さんが高い身体能力を生かして長打を披露する一方、大林さんは子供たちにボールをよく見てバットに当てるようにアドバイスを送りました。

「100人サッカー」では、オリンピアンも多くの子供達と一緒に楽しんで参加していました。

※この活動はスポーツ振興くじの助成金を受けて実施されました。






ページトップへ