HOMEニュース新体操の畠山愛理、現役引退 日女体大4年、リオ最後に

ニュース

新体操の畠山愛理、現役引退 日女体大4年、リオ最後に

カテゴリ:オリンピック
2016.08.22
新体操の畠山愛理、現役引退 日女体大4年、リオ最後に
新体操の畠山愛理

 五輪の新体操団体で2大会連続出場した畠山愛理が、リオ五輪を最後に現役引退すると明らかにした。日女体大4年の22歳は「今回の五輪で最後と決めていた。試合に出るのは最後。(2020年東京五輪は)違う形でかかわっていきたい」と話した。
 初出場のロンドン五輪は7位に入賞し、日本代表で主将を務めたこともあった。(共同)





ページトップへ