HOMEニュースバド女子、山口が日本勢初の連覇 世界ジュニア選手権

ニュース

バド女子、山口が日本勢初の連覇 世界ジュニア選手権

カテゴリ:その他競技情報
2014.04.18
バド女子、山口が日本勢初の連覇 世界ジュニア選手権
山口茜(共同)

 バドミントンの世界ジュニア選手権最終日は18日、マレーシアのアロースターで各種目の決勝が行われ、女子シングルスで第1シードの16歳、山口茜(福井・勝山高)が中国選手に2―1で逆転勝ちし、全種目を通じて日本勢初の2連覇を達成した。女子シングルスは2012年に奥原希望(日本ユニシス)が金メダルを獲得しており、日本勢3連覇となった。
 山口は第1ゲームを14―21で落としたが、第2ゲームを21―18で競り勝ち、最終ゲームを21―13で奪った。
 男子ダブルスで日本勢初優勝を目指す玉手勝輝、中田政秀組(埼玉栄高)はタイのペアと対戦する。(共同)





ページトップへ