HOMEニュース陸上400メートルリレー2位 ボクシング岡沢が五輪切符

ニュース

陸上400メートルリレー2位 ボクシング岡沢が五輪切符

2023.10.03
陸上400メートルリレー2位 ボクシング岡沢が五輪切符
男子400メートルリレー決勝 第1走者の桐生祥秀(左から3人目)からバトンを受け、力走する第2走者の小池祐貴(同4人目)=杭州(共同)
陸上400メートルリレー2位 ボクシング岡沢が五輪切符
女子5000メートル 力走する広中璃梨佳(右端)=杭州(共同)

 【杭州共同】杭州アジア大会第11日の3日、陸上男子400メートルリレーの日本(桐生、小池、上山、宇野)は中国に競り負け、38秒44で2位だった。女子5000メートルの広中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分15秒34の2位で、1万メートルに続く銀メダルを手にした。
 ボクシング男子71キロ級の岡沢セオン(INSPA)が準決勝でカザフスタン選手に競り勝ち、銀メダル以上を確定させて来年のパリ五輪出場権(上位2人)を獲得した。
 自転車女子個人ロードタイムトライアルの与那嶺恵理(ヒューマンパワードヘルス)は25分35秒59で銀メダルだった。
 バスケットボール女子の日本は韓国との準決勝に81―58で快勝し、優勝した1998年バンコク大会以来の決勝に進んだ。サッカー女子で前回覇者の日本は準決勝で中国の猛追を振り切り、4―3で勝った。
 ハンドボールの準決勝で日本女子はカザフスタンを40―22で退けたが、男子はバーレーンに28―30で敗れた。


陸上400メートルリレー2位 ボクシング岡沢が五輪切符
男子71キロ級準決勝 1回、カザフスタン選手(左)を攻める岡沢セオン=杭州(共同)





ページトップへ