HOMEニュースレスリング須崎「パリでも金を」 松戸市民栄誉賞に決意新た

ニュース

レスリング須崎「パリでも金を」 松戸市民栄誉賞に決意新た

カテゴリ:オリンピック
2021.08.20
レスリング須崎「パリでも金を」 松戸市民栄誉賞に決意新た
千葉県松戸市の本郷谷健次市長(右)から、市民栄誉賞を贈られる東京五輪レスリング女子50キロ級金メダルの須崎優衣=20日午後、松戸市役所(共同)

 東京五輪のレスリング女子50キロ級で金メダルを獲得した須崎優衣(早大)が20日、出身地の千葉県松戸市役所を表敬訪問し、市民栄誉賞を贈られ「名誉ある賞をいただけて、とても光栄に思う。3年後のパリ五輪でも絶対金メダルを取れるようにしたい」と決意を新たにした。
 東京五輪開催が決まったときから金メダルを夢に掲げてきた22歳のホープは「それでもう満足するのかなと。全てを懸けた集大成で、東京で終わりぐらいの気持ちだった」と言う。それでも優勝した瞬間に「もっと強くなって、さらなる高みを目指したい」との思いがこみ上げ、次の目標が定まった。(共同)





ページトップへ