HOMEニュース柔道、ロンドン銀の中矢力が引退 男子73キロ級、世界一は2度

ニュース

柔道、ロンドン銀の中矢力が引退 男子73キロ級、世界一は2度

カテゴリ:その他競技情報
2020.12.14

 柔道男子73キロ級で2012年ロンドン五輪銀メダルの中矢力(31)が14日、所属先のALSOKを通じて現役引退を発表した。来年1月から同社柔道部のコーチに就任し、後進の指導に当たる。
 愛媛県出身の中矢は愛媛・新田高から東海大に進み、寝技と背負い投げを得意として活躍。世界選手権は11、14年の2度制覇した。16年リオデジャネイロ五輪は大野将平(旭化成)との代表争いに敗れ、その後は81キロ級に階級変更したが目立った実績を残せなかった。
 中矢は「ロンドン五輪はメダルの色こそ悔いが残ったが、精神的に成長できた」などとのコメントを出した。(共同)





ページトップへ