HOMEニュースショートトラック宮田ら2冠 国体スケート、IH最終日

ニュース

ショートトラック宮田ら2冠 国体スケート、IH最終日

カテゴリ:その他競技情報
2019.02.03
ショートトラック宮田ら2冠 国体スケート、IH最終日
ショートトラック少年男子500メートル決勝 優勝した大阪・宮田将吾(先頭)=釧路市春採アイスアリーナ(共同)

 国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会最終日は3日、北海道釧路市の春採アイスアリーナなどで行われ、ショートトラック500メートルで少年男子は宮田将吾(大阪・大商大高)、同女子は長森遥南(兵庫・親和女高)が優勝し、ともに1000メートルとの2冠を達成した。
 スピードの成年男子は1000メートルを小島良太(長野・信州大)が制し、平昌五輪代表の小田卓朗(茨城・開発計画研究所)は2位。5000メートルは同五輪代表の中村奨太(北海道・ロジネットジャパン)が勝った。
 アイスホッケーの少年は北海道が9―3で栃木を下し16連覇。(共同)





ページトップへ