HOMEニュース卓球、張本が五輪王者破る 荻村杯ジャパンOP

ニュース

卓球、張本が五輪王者破る 荻村杯ジャパンOP

カテゴリ:その他競技情報
2018.06.09
卓球、張本が五輪王者破る 荻村杯ジャパンOP
男子シングルス準々決勝 対戦する張本智和=北九州市立総合体育館(共同)
卓球、張本が五輪王者破る 荻村杯ジャパンOP
混合ダブルス決勝で中国ペアに敗れた吉村真(右)、石川組=北九州市立総合体育館(共同)

 卓球のワールドツアー、荻村杯ジャパン・オープンは9日、北九州市立総合体育館で行われ、シングルス準々決勝で、男子は14歳の張本智和がリオデジャネイロ五輪王者で世界選手権個人戦2連覇中の馬竜(中国)を4―2で破る大金星を挙げた。
 上田仁は張継科(中国)に3―4で競り負け、松平健太もティモ・ボル(ドイツ)に1―4で屈した。
 女子は伊藤美誠が鄭怡静(台湾)に4―2で勝って4強入り。平野美宇は劉詩ブン(中国)に0―4で完敗し、石川佳純は陳幸同(中国)に2―4で敗れた。
 混合ダブルス決勝で吉村真晴・石川組は梁靖崑、陳幸同組(中国)に0―3で敗れ、準優勝だった。(共同)





ページトップへ