HOMEニュース男子1万、塩尻が日本勢最高3位 関東学生陸上第1日

ニュース

男子1万、塩尻が日本勢最高3位 関東学生陸上第1日

カテゴリ:その他競技情報
2018.05.24
男子1万、塩尻が日本勢最高3位 関東学生陸上第1日
男子1万メートル 28分26秒64で日本勢最高の3位だった塩尻和也(中央)。右は優勝したパトリック・マゼンゲワンブィ=相模原ギオンスタジアム(共同)

 陸上の関東学生対校選手権第1日は24日、相模原ギオンスタジアムで行われ、男子の1万mはリオデジャネイロ五輪3000m障害代表の塩尻和也(順大)が28分26秒64で日本勢最高の3位だった。パトリック・マゼンゲワンブィ(日大)が28分21秒45で3連覇した。
 100m予選は岩崎浩太郎(東海大)が全体トップの10秒46を出し、25日の準決勝に進んだ。全国高校総体で2連覇した東洋大1年の宮本大輔は10秒58の5組1着で通過した。
 女子の1万mは関谷夏希(大東大)が33分29秒53で、走り幅跳びは神山綾音(日体大)が追い風参考の6m20でともに2年連続で制した。(共同)





ページトップへ