大会

HOME大会オリンピック競技大会東京オリンピック2020ニュース【メダリスト会見】空手形の喜友名選手「また毎日の稽古に励んで精進していきたい」

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)

ニュース

【メダリスト会見】空手形の喜友名選手「また毎日の稽古に励んで精進していきたい」

カテゴリ:オリンピック
2021.08.07
【メダリスト会見】空手形の喜友名選手「また毎日の稽古に励んで精進していきたい」
喜友名諒選手が金メダル獲得から一夜明けて喜びを語った(写真:アフロスポーツ)

 東京2020大会の空手男子形で金メダルを獲得した喜友名諒選手が7日、記者会見に出席し、メダル獲得から一夜明けた心境を語りました。

■「周りのたくさんの支えがあったからこそ」

――メダル獲得から一夜明けての感想をお願いします。

 今回、東京オリンピックで金メダルを獲得することができて、ここまで来られたのも自分ひとりの力ではなくて、周りのたくさんの支えがあったからこそですので、感謝と、こういう状況の中でも選手としてオリンピックの舞台に立てたこと、そこに感謝の気持ちでいっぱいです。

――金メダル獲得後、よく寝られましたか?

 選手村に戻るのが遅かったですが、しっかり眠ることができました。

――どなたからのメッセージが印象に残りましたか?

 有り難いことにたくさん連絡をいただいて、まだ全然読むこともできていないですけど、みんなから「おめでとう」「感動をありがとう」と言っていただいて、自分の空手を通して、少しだけかもしれないけど、見ている方、応援してくれる方たちに気持ちが伝わったのかなと思うとうれしく思います。

――次の目標はどのようなところに照準を置いているか教えてください。

 今年は世界選手権がありますので、団体形の優勝、個人の優勝。まずはそこに集中してとりにいきたいと思います。全日本選手権ももちろん優勝を狙って、一つひとつまた毎日の稽古に励んで精進していきたいと思います。

――沖縄の道場の子どもたちへメッセージをお願いします。

 自分が目標を持って諦めずに目指してやってきたので、継続してやっていければ達成できるということを昨日のオリンピックを通して伝えることができたかなと思います。また、沖縄の子どもたちにも大きな夢や希望を届けることができていたらうれしいです。


【メダリスト会見】空手形の喜友名選手「また毎日の稽古に励んで精進していきたい」
見事な演武を披露(写真:ロイター/アフロ)

■「先生から『満点だ』と言われた。それが一番うれしい」

――オリンピックの舞台に立った重圧、緊張感は他の大会に比べてどうでしたか?

 オリンピックの舞台というのはどの大会よりも世界中から一番注目される場所だと思いますが、いつも通り、そこまでプレッシャーを感じることなく、オリンピックの舞台ではワクワクした気持ちで挑むことができました。初戦から思い切り、気持ちよく演武をすることができましたので、決勝でも仲間たちと稽古したことをいつも通り出すだけだと思って、自分だけでなく一緒に戦ってきたみんなの気持ちも込めて形を打ちました。

――次回のパリ大会では正式種目に採用されなかった中、それを踏まえてオリンピックについての思いは?

 今回の東京オリンピックに参加してみて、本当に素晴らしい場所だなと感じましたし、今回もオリンピックに参加した選手は全員素晴らしい選手で、本当に空手が素晴らしいということを世界にアピールできたと思います。そこを見て、また今後も空手がオリンピック競技として戻ってくると思います。

――昨日、全競技が終わってから佐久本嗣男先生とやり取りされたことについて教えてください。

 佐久本先生と10何年も一緒に稽古させていただいて、それを他の先生方、先輩方、仲間たちと毎日切磋琢磨しながら、緊張感のある稽古をすることができて、それがこのオリンピックにつなげることができました。また、今回初めて佐久本先生が監督として、コーチとして大会についてくれて、普段の稽古もずっと緊張感のある稽古で、大会よりも先生の前で思い切って稽古する方が緊張するんですけど、コーチボックスにいてくれるとすごく安心感がありましたし、これまで10何年も稽古してきたという自信もありますので、その自信を持ってオリンピックにも挑むことができました。一緒にこの舞台に来られたことに、佐久本先生にも感謝しておりますし、一緒に立てたことをうれしく思っています。

 昨日も朝早くから、5時半ごろからウォーミングアップを始めたんですけど、一緒に付き合ってくれて、メダルセレモニーが終わってから選手村に戻って、午前2時頃に先生の部屋に行って、一番最初にメダルを渡すことができたので、良かったです。今回はオリンピックで満点を目指して稽古してきましたが、試合のポイントはまだまだ28点台で、そこはもっと技術を磨けば伸びていくと思いますし、まだまだ伸びしろがあると思うので、そこを伸ばしていきたいです。昨日は佐久本先生から「おめでとう」という言葉と、「今回の形は満点だ」と言われたので、それが一番うれしいです。


【メダリスト会見】空手形の喜友名選手「また毎日の稽古に励んで精進していきたい」
「金メダルによって沖縄の方々にもたくさんの勇気を届けることができたらうれしい」と故郷・沖縄への思いを語った喜友名選手(写真:アフロスポーツ)

■「沖縄の方々にもたくさんの勇気を届けることができたらうれしい」

――オリンピックを目指して365日稽古を続けてきたと思いますが、今一つの舞台が終わって、空手以外にやりたいことがあれば教えて下さい。

 トレーニングがしたいです。

――空手の形は数字として表すのはなかなか難しいと思います。ここを修正できたら満点になった部分があれば教えてください。

 ちょっとまだ昨日の演武もしっかり見ていないですし、もう少し技と呼吸とか、体のタイミングを合わせていければいいのかなと思います。本当に選手みんな、それぞれの信念を持って自分の形に打ち込んでいますし、それぞれ考えもたくさんあると思いますし、同じ形は絶対にないと思います。それが形の醍醐味で、その人自身が現れると思いますので、そこに空手の形としても見てもらえたらいいと思います。

――昨日、清水希容選手が会見で空手の形がオリンピックで採用されたのは競技普及などにおいての「第一歩」だと仰っていました。その点についてはどのように考えていますか?

 まず、東京オリンピックで空手が採用されたことによって、空手界にとっても大きな一歩になったと思います。沖縄の伝統が世界に広がって、世界の空手家たちがこんなにたくさんいるということが世界の方々に伝わったと思います。また、出場した選手たちがみな素晴らしい選手ばかりなので、東京オリンピックを通して世界にそれが伝えられたと思います。みんなで空手界の歴史に一つ刻んだかなと思います。

――沖縄県勢初の金メダルを獲得。空手でとったことはどう思いますか?

 たまたま自分が金メダル第一号になっただけなので。でも、沖縄伝統の空手を通して、自分の空手を通して、金メダルによって沖縄の方々にもたくさんの勇気を届けることができたらうれしいです。



ページトップへ