大会

HOME大会オリンピック競技大会東京オリンピック2020ニュース【メダリスト会見】ボクシングの入江選手「この感謝の気持ちを忘れずにこれからも生きていきたい」

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)

ニュース

【メダリスト会見】ボクシングの入江選手「この感謝の気持ちを忘れずにこれからも生きていきたい」

カテゴリ:オリンピック
2021.08.04
【メダリスト会見】ボクシングの入江選手「この感謝の気持ちを忘れずにこれからも生きていきたい」
金メダル獲得から一夜明けた会見で喜びを語った入江聖奈選手(写真:アフロスポーツ)

 東京2020大会のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈選手が4日、記者会見に出席し、メダル獲得から一夜明けての喜びを語りました。

■「勝った要因はやっぱり左ジャブと右ストレート」

――メダル獲得の感想をお願いします。

入江選手 自分が金メダリストになったのはまだちょっとよく分からないのですが、金メダリストになれたことを誇りに思って、これからの競技生活も頑張っていきたいと思います。

――一夜明けて緊張感から解放されたと思いますが、どんな気分ですか?

入江選手 5試合全部終わって、今は緊張も何もなくて、ご飯もしっかり食べられるので幸せです。

――試合直後はあまり覚えていないと話していましたが、その後に自分の試合を見ましたか? また、試合の勝因は何だったと思うか教えてください。

入江選手 きのうはちょっと忙しくて、まだ試合の振り返りはできていないんですが、覚えている範囲で言えば、勝った要因はやっぱり左ジャブと右ストレート、自分の武器の2つのパンチを当てられたことかなと思います。

――決勝戦でフィリピンのネスティ・ペテシオ選手と対戦したことに対して思っていることを教えてください。

入江選手 戦う前から運命だと思っていて、ネスティ選手と決勝で戦えたことは本当に自分の中で宝物になる試合でしたし、人間としてもボクサーとしても尊敬できるネスティ選手と戦えて本当に良かったです。


【メダリスト会見】ボクシングの入江選手「この感謝の気持ちを忘れずにこれからも生きていきたい」
金メダルの勝因は左ジャブと右ストレート(写真:フォート・キシモト)

■「鳥取県あっての私なので」

――ボクシングの代表選手団はみんな仲が良いようですが、どんなやり取りがありましたか? 入院中の成松大介選手への思いもお願いします。

入江選手 きのうは田中亮明選手の試合後に自分がアップ会場に入る形になって、「いい笑顔で頑張ってね」と亮明さんから直接お言葉をいただいきました。(岡澤)セオンさんからも自分が負けてしまった後なのに温かい応援の言葉を送ってくださって、すごく励みになりました。成松さんもキャプテンとしてボクシング代表チームを引っ張っていただいて、ああいう形で終わってしまったのは自分も含めて選手、コーチみんな悔しいと思っていると思います。自分からは何も言えないですね、成松選手が一番悔しいと思いますので。

――本日、準決勝に臨む並木月海選手への期待感を聞かせてください。

入江選手 並木選手は自分の憧れのボクサーで、高校のときに1度対戦して負けてしまって、私が並木選手の強さを一番知っているので勝ってくれると信じています。一緒に金メダルをとって写真を撮れたら最高だなと思います。

――周囲からの反響はどのように実感していますか?

入江選手 反響は大きいと感じておりまして、Twitterでも有名な方々から「おめでとう」と言ってもらえて、普段では絶対にありえないことなので、これがオリンピックの力なんだなとしみじみ感じました。

――改めて鳥取県への思いを聞かせてください。

入江選手 自分の金メダルでこんなにも喜んでくれるのは、鳥取県に生まれて良かったなと感じています。鳥取県あっての私なので、やっぱり生まれ育った鳥取県に感謝してこれからも頑張っていきたいと思います。


【メダリスト会見】ボクシングの入江選手「この感謝の気持ちを忘れずにこれからも生きていきたい」
入江選手は今後も国際大会で金メダルを目指していくと力強く語った(写真:アフロスポーツ)

■「見ている人に絶対に私が勝ったなと思われるようなボクシングを目指して」

――前回のリオ大会から比べて今大会でのボクシング界の躍進が目立ちます。これだけ結果が出ている要因で感じていることがあれば教えてください。

入江選手 特に自分については小中学生のころから全日本合宿に呼んでいただいて、そこでモチベーションアップにつながって今に至るというのは思いますし、あとはやっぱり1年くらい前から合宿を月に1回組んでいただいて、そこで日本のトップボクサーたちと実戦練習ができたので、そこが男子も女子も競技力向上につながったのかなと思います。

――鬼頭茉衣選手ら今回出場できなかった女子選手とは何か話をしたりしましたか?

入江選手 自分と並木さん以外の代表メンバー3人とは直接メッセージでやり取りして、本当にいい先輩たちだなと感じております。

――今後、理想として目指していきたいボクシングはどのようなものでしょうか?

入江選手 今大会で金メダルをとることはできましたが、準々決勝と準決勝は3対2の判定で自分が負けてもおかしくない試合だったので、そこを5対0で勝てるような、見ている人に絶対に私が勝ったなと思われるようなボクシングを目指して、これからの国際大会でも金メダルを目指していきたいと思います。

――ボランティアや大会に協力している方への思いは?

入江選手 墨田区総合体育館と両国国技館と選手村しか行っていないですが、ここの3カ所だけでも本当に多くのボランティアの方々とか、疲れているはずなのに笑顔で応援してくださって、それは本当にありがたいことだと思っていますし、一般の方々にも交通規制などで嫌な思いをさせてしまったかもしれないですけど、本当にたくさんの方々のご協力があっての今回のオリンピックだと思いましたので、絶対にこの感謝の気持ちを忘れずにこれからも生きていきたいと思います。









ページトップへ