大会

HOME大会オリンピック競技大会ソチオリンピック2014ニュース【日本代表選手団コメント】ソチオリンピック開幕に寄せて(1)

第22回オリンピック競技大会(2014/ソチ)

ニュース

【日本代表選手団コメント】ソチオリンピック開幕に寄せて(1)

カテゴリ:オリンピック
2014.02.07

 第22回オリンピック冬季競技大会(2014/ソチ)の開幕に寄せる日本代表選手団のコメントを一斉配信します。

■スキー・ジャンプ
・伊東大貴選手
ソチのジャンプ台は新しいですし、しっかり雰囲気を確認し、冷静に判断して飛びたいと思います。本番ではとにかくメダルに向けてできることを出し尽くすだけです。いつも応援してくれるみなさんに、メダルという形で恩返しできるように頑張ってきます。

・葛西紀明選手(主将)
今回で7度目のオリンピックとなりました。すごく調子も良いので、金メダルを狙っていきたいと思います。そして主将として、ほかの選手みんなに勢いがつくように、たくさんメダルが取れるように、後押ししていきたいと思っています。

・清水礼留飛選手
ソチが初めてのオリンピックということで、何も失うものがないので、自分の力が十分に発揮できるように一生懸命頑張りたいと思います。メダル獲得を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします。

・渡瀬雄太選手
オリンピックでは持てる力を精いっぱい発揮するだけです。日本で応援してくださる皆さんのために、本当に精いっぱい頑張ろうと思いますので、ご声援よろしくお願いします。

・高梨沙羅選手
ソチオリンピック本番では、練習で今まで積み上げてきたことをそのまま出すだけだと思っています。本当に今まで多くの方に支えられてここまで来られたので、ソチオリンピックという夢の舞台で、感謝の気持ちを込めて、最高のジャンプをしたいと思います。

・伊藤有希選手
ソチオリンピックは女子の先輩たちのおかげで、私にもチャンスをいただけたと思います。そのチャンスを生かせるよう、メダルを取れるように頑張りたいです。私たち女子ジャンパーたちは初めてのオリンピックなので、今まで携わってくださった人たちに感謝の気持ちを込めて飛びたいと思います。

■スキー・フリースタイル
・遠藤尚選手
2度目のオリンピックでメダルを取れる位置にいると思っているので、しっかりと自分の滑りをして、メダルを狙いたいと思います。

・西伸幸選手
前回のオリンピックは初めてであっという間に終わってしまい、オリンピックに自分が動かされた感じだったので、今回は自分が試合をコントロールできればと思います。そうすることで自分の滑りができると思うので、おのずと成績も出ると思います。

・上村愛子選手
全力で滑ってきます。頑張ります!

・村田愛里咲選手
フルツイストを使って、自分のベストを尽くしたいです。

・星野純子選手
気負わずに思い切った滑りをしたいです。

・高尾千穂選手
私にとっては初めてのオリンピックで、新種目(スロープスタイル)ということもあって、多くの人にこの競技を見て楽しんでもらえたらなと思います。自分のベストを出すことを目標にしたいです。

■スキー・スノーボード
・平岡卓選手
緊張はすると思うんですが、そういうのを気にせず自分のペースで滑りだけに集中していきたいです。自分の滑りができたらメダル(が取れる)と思っているので、頑張りたいです。格好いい滑りをして、日本人のスノーボードってやばい、というのを見せたいです。

・青野令選手
自分はなかなかオリンピック(代表)に決まらなくて、最終戦で最後の最後に決めてもらえたので、その期待を裏切らないように、ソチでは自分の滑りをして結果を出したいなと思います。まずは体がしっかり動くようにして、自分の滑りをしたら結果はついてくると思うので、4日間で調整していきたいと思います。

・平野歩夢選手
ソチでは自分の最高のパフォーマンスをして、日本にいい結果を持ち帰れたらいいなと思います。ソチのパイプも初めてで、まずパイプに合わせることが大事だと思っています。自分の持ち味は高さだと思うので、そこを出していきたいです。

・子出藤歩夢選手
ソチでは、今までやってきたことをすべて出し切って、今までのスノーボード人生の中でいちばん最高の滑りをしたいです。オリンピックという特別な環境の中で、どれだけいつも通り過ごして、いつも通り滑れるかということが重要になってくると思うので、この4日間で普段通りに過ごして、滑りでは自分らしさが出せればいいなと思います。

・岡田良菜選手
バンクーバーオリンピックも経験して2度目のオリンピックになるんですが、バンクーバーでは自分の思うような滑りができなかったので、ソチでリベンジしたいなと思っています。最高の滑りをしたいと思っていますので、よろしくお願いします。

■スケート・スピードスケート
・長島圭一郎選手
オリンピックはしっかり準備して頑張るだけです。仕上がり具合はばっちりですね。順調に調整できています。大会の目標は金メダル以外にありません。どういう滑りでもいいです。とにかく結果を出したいと思います。

・加藤条治選手
仕上がりは順調に進んでいます。目標はやはり金メダルを取ることです。だいぶ歳も取ってきたし、落ち着いてきているので、これまでの経験を生かしたいと思います。全力を出していきます。

・及川佑選手
本番をイメージしながらしっかりと仕上がってきていると思います。一番上の順位を目指して頑張りたいです。過去2度のオリンピックよりも結果がほしいと思っています。レース当日には100%以上の力を出せる自信がありますし、大会に向けて父親からもらった言葉「乾坤一擲」を胸に、全力で金メダルに挑戦したいです。

・上條有司選手
オリンピックでも普段と変わらず、自分のやることをやるだけだと考えています。調子ももう少しで良くなってくると思います。自分のスケート人生の集大成として、メダルを全力で狙っていきたいです。

・山中大地選手
初めてのオリンピックですが、いろんなプレッシャーがある中で、自分のベストパフォーマンスが出せるように頑張ります。コンディションは、レースが近づいてきて、だんだん全開に近づいていると思っています。積極的に行って、悔いが残らない滑りをしたいです。

・近藤太郎選手
今大会の目標は自分の精いっぱいの滑りをすることで、今ある力を全部出し切れるようにコンディショニングしていくことが一番大切だと思っています。そして4年後に向けて、何でもいいので経験を吸収できるように頑張りたいです。

・ウィリアムソン師円選手
オリンピックでは100%の力を出しつつ、力まないようにしたいです。目標は4年後に向けて収穫のあるレースをすることです。スピードスケートでは男子5000mが一発目ということで、自分の滑りで後に続く日本の種目に勢いをつけられたらいいと思います。

・小平奈緒選手
世界の選手も実力を上げているので、負けないように上を目指していきたいです。前回はチームパシュートで銀メダルを獲得できたので、今回は個人種目でしっかり滑って、ゴールした後に皆さんと喜べるような結果を出したいと思います。ソチのリンクと仲良くできている感覚があるので、いつもどおりのペースで本番まで調整していきたいです。

・辻麻希選手
オリンピックでは代表として恥じないレースをしたいと思っています。すごくわくわくしています。日本の代表として来ているからには、しっかりメダルを持って帰れるように最大限の力を発揮できるように頑張ります。

・住吉都選手
ソチに入ってかなり状態が上がってきています。スタート直前まであきらめずに少しでも良い状態でレースに臨めるようにし、今シーズンの自分の一番の滑りをしたいと思います。目標は500mがメダル獲得、1000mは入賞です。

・田畑真紀選手(副将)
5回目の出場ですが、オリンピックは毎回目標としているのでいつもと同じ気持ちです。今回は副主将という役割を任されているので、選手をサポートしていけるようにできることはやっていきたいです。目標は自分の滑りをすることです。自分のベストを出し切れるように頑張りたいと思います。

・菊池彩花選手
自分がやるべきことを一つ一つやって、できる限りの準備をしたいと思っています。1500mでは、オリンピック初出場なので雰囲気にのまれず自分のスケーティングをすることを目標にしています。チームパシュートではメダル獲得を目標に夏からトレーニングを続けているので、それを達成したいです。

・押切美沙紀選手
選ばれたからには自分のできる最高の滑りをして、一つでも上の順位に行けるように頑張りたいです。今大会の目標は自分の滑りをすること、それでどこまで通用するかを測ることです。メダルが目標と言えるレベルではないので、今回経験したことを次のオリンピックに生かしていけるようにしたいです。

・高木菜那選手
今回の目標は、悔いの残らないように一つ一つのレースで最高の滑りをして、ゴールすることと、チームパシュートではメダルを獲得できるようにすることです。まだまだ世界では通用しないレベルなのでもっと上にいけるようにしたいです。

・藤村祥子選手
わくわくしています。氷の感触がまだしっかりつかめていない感じですが、目標は人生で最高の滑りをするということなので、そこに向かってしっかり調整したいと思います。死にそうになるぐらい全力で滑ります。

・穂積雅子選手
いよいよオリンピックだなという気持ちです。今のところけがもなく順調に来ています。自信を持って挑戦者の気持ちを忘れずにレースに臨みたいです。応援してくれた皆さんに恩返しができるような滑りをしたいです。2度目のオリンピックになるのですが、新たな気持ちで臨んで、レースで最高のパフォーマンスを出したいと思います。

・石澤志穂選手
オリンピックは楽しみです。緊張も全然していません。2度目のオリンピックということもあって、メダルしか目標にしていません。調整も順調に進んでいます。目標はバンクーバーオリンピックよりも上の順位を取ることです。全力を出し切れるように頑張ります。

■スケート・フィギュアスケート
・羽生結弦選手
リンクも環境も違いますが、やることは同じです。プログラムも変わらないですし。団体戦のショートプログラムは淡々と楽しめました。最初にソチに来てから、全然身体が動かなくて、「ああ、これがオリンピックなのか」と。でも日に日に滑っているうちに身体が動きましたし、団体戦のショートプログラムも全力で最後まで滑れました。非常にいい感覚で個人戦まで持っていけると思います。今やれることをやる、それだけです。

・町田樹選手
ソチオリンピックは僕にとって初めてのオリンピックとなります。1日1日大切に準備をして、悔いの残らない演技をしたいと思います。また、フィギュアスケート以外のトップアスリートもソチに集結するので、たくさんのことを学び、経験して、日本に帰って来たいと思います。

・木原龍一選手
いよいよオリンピックに来たなと。ペアに転向して1年でオリンピックに来ることができたのは、(橋)成美ちゃんのおかげです。まだ日々成長しています。オリンピックのシンボルマークを見てワクワクしています。

・リード・ロバート・クリストファー選手
ひざのけがで昨季はつらいシーズンを過ごしてきましたが、今年はオリンピックなので、とにかく全力を尽くして練習してきました。力を限界まで出したいです。

・鈴木明子選手
私自身2度目となるソチオリンピックでは、競技生活の集大成として、自分ができるベストの演技をしたいと思います。

・浅田真央選手
ここまでやれることをすべてやってきましたし、身体の調子も今年になって良くなって、追い込んで練習ができています。あとは調子を整えて練習どおりできる環境を作るだけです。バンクーバーの時よりも少しでもオリンピックを楽しめたらいいです。トリプルアクセルは日本で練習していた時は今までで一番いい状態でした。本番までに自分の身体を動かし切れる状態に持っていきたいです。

・橋成美選手
ここまでできることはすべてやってきました。選手村でマクドナルドを無料で食べられるのが、「おおっ、オリンピックに来た」という感じがします。試合前も食べました。(木原)龍一と力を合わせて、今の最高の演技をしたいです。

・リード・キャサリン・マーガレット選手
クリス(リード・ロバート・クリストファー)のけがもあり、彼が滑れないときは私一人でも練習してきました。2度目のオリンピックを楽しみたいです。

■スケート・ショートトラック
・高御堂雄三選手
4年前のバンクーバーオリンピックでは自分の力を出し切れなかったので、ソチオリンピックではまずは自分の力を100%出せるように、コンディションをしっかり整えて、本番に向かいたいと思います。ショートトラックは競輪と一緒で、作戦や頭脳が重要になるので、そういうところの駆け引きや、最後の最後、ゴールのラインを過ぎるまでが着順レースだから、誰が勝つか分かりません。そういうところを日本の皆さんには見てもらって、最後の最後まであきらめない姿勢、最後の最後まで目が離せないところを期待して見ていてほしいと思います。今までいろいろな方に応援してもらった分、今回は結果も重要だと思っているので、結果が出せるように頑張りたいです。

・坂下里士選手
この素晴らしい舞台で、500mの金メダルを取るチャンスがめぐってきているので、しっかりとその目標に向かって金メダルを取りたいですし、このロシアでのオリンピックを自分で良いものにしたいと思います。ソチは初めて滑るスケートリンクとなるのですが、調整も順調にいっていて、現在の調子はとても良いので、頑張りたいです。メダル獲得に向けて思い切って滑るので、応援よろしくお願いします。

・坂爪亮介選手
今回が初めてのオリンピックなので、思い切ったレースができたらと思います。けがをしてからたくさんの方に支えていただいたので、ソチオリンピックではその恩返しを含めて感動を与えられるようなレースをしたいです。けがの方の状態は前よりも力が入るようになったので、本番はやるのみです。オリンピックに出るからには金メダルを目指して頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

・酒井裕唯選手
4年前のバンクーバーオリンピックでは悔しい思いをしているので、この4年間、みんなで一丸になって強化してきました。3000mリレーが一番メダルの可能性があると思い、集中して練習してきたので、しっかりメダルを狙っていきたいです。個人種目でもメダルを狙います。ここまで競技を続けてこられたのは、周りの方たちのサポートがあったからだと思います。その方たちに感謝し、1本でも多く自分の滑りを見せられたらと思います。全力を出し切って日本に笑顔で帰れるように頑張りたいです。

・伊藤亜由子選手
ソチは2度目のオリンピックとなるのですが、前回のバンクーバーでは結果を残せず、出場できただけという悔しい思いをして終わってしまったので、今回は結果を出せるように頑張りたいです。得意の1000mでメダルを目指します。地理的にも黒海が近く、私は海が好きなので、海に癒されながら頑張りたいです。オリンピックという舞台でショートトラックの面白さを広められるように一生懸命頑張ります。

・清水小百合選手
初めてのオリンピックなので、自分の力を出し切って、悔いの残らないように思い切ったレースができるように頑張りたいです。ここまでたくさんの方に支えられてきたので、いろいろな方の思いを背負ってオリンピックで頑張りたいと思います。

・桜井美馬選手
前回のバンクーバーオリンピックでは、あまり良い思い出がなかったので、オリンピックって良かったなと思えるように、今回のソチでは良い結果を出して、日本に帰ってきたいと思います。自分の力を出し切れるように精いっぱい頑張りたいです。しっかりと準備はできたので、リラックスと良い緊張感を持って、悔いのないようにレースをしたいです。3000mリレーは一番メダルに近い種目なので、しっかりとみんなで一丸となってメダルを目指したいと思います。

・菊池萌水選手
ショートトラックは女子3000mリレーでメダル獲得を目標に練習しているので、自分としてはいつでも即戦力となれるように、いつでも準備万全にして、チームに貢献できるように頑張りたいです。今回は姉(彩花選手/スピードスケート)と一緒にオリンピックに出ることになるのですが、競技は違いますが、お互い刺激し合える存在なので、上手く生かして頑張りたいです。本当にいろいろな方々の支えがあって、自分はここに立てているので、自分の力をしっかり出して、エキサイティングなレースを皆さんに楽しんでもらえればと思います。



  • ソチオリンピック2014
  • ニュース
  • ハイライト動画
  • JOC公式動画
  • 写真
  • 日程・結果
  • メダル・入賞者一覧
  • 日本代表選手団
  • 競技一覧
  • 会場マップ
  • 実施競技・種目比較
  • オフィシャルスポーツウエア
  • 日本代表選手団公式服装
  • マスコット紹介
  • 公式ライセンス商品






ページトップへ