大会

HOME大会オリンピック競技大会平昌オリンピック2018ニュース第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)日本代表選手団の解団式を実施

第23回オリンピック競技大会(2018/平昌)

ニュース

第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)日本代表選手団の解団式を実施

カテゴリ:オリンピック
2018.03.12
第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)日本代表選手団の解団式を実施
第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)日本代表選手団の解団式が行われた(写真:フォート・キシモト)
第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)日本代表選手団の解団式を実施
竹田恆和JOC会長(写真:フォート・キシモト)

 日本オリンピック委員会(JOC)は2月27日、第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)日本代表選手団の解団式を行いました。

 式典には、選手、監督・コーチ等合計269名の選手団のうち、137名が出席。国歌斉唱の後、主催者を代表して竹田恆和JOC会長があいさつに立ち、「日本代表選手団の正々堂々と競技に挑み、一人一人が自己との戦いを乗り越えながら、全身全霊で戦い抜いた姿は、日本のみならず世界中に感動を生み、勇気を届け、多くの人々の心に残る美しく素晴らしいものでありました」と、選手団の活躍を称賛。また、小平奈緒主将をはじめとした多くの選手が、重圧に打ち勝ち期待通りの成果を挙げたことが夏季競技へのメッセージになると話し、「JOCは東京2020大会に向けて一層気を引き締め、競技団体と共に、選手強化にこれまで以上にまい進するとともに、オリンピック・ムーブメントの推進に努める所存です」と、力強く決意を述べました。


第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)日本代表選手団の解団式を実施
水落敏栄文部科学副大臣兼東京オリンピック・パラリンピック担当内閣府副大臣(写真:フォート・キシモト)

 次に、来賓を代表して水落敏栄文部科学副大臣兼東京オリンピック・パラリンピック担当内閣府副大臣が登壇し、「国民の大きな期待のなかで、コーチやスタッフの方々と共に培った日ごろのトレーニングの成果をいかんなく発揮し、日本代表として全力を尽くされた選手の皆さんに心から敬意を表します」と、ねぎらいました。そして、「オリンピックでの貴重な経験を生かして、今後もスポーツ界はもとより、世界に一層貢献されることを心から期待しています」と述べました。


第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)日本代表選手団の解団式を実施
齋藤泰雄団長(写真:フォート・キシモト)
第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)日本代表選手団の解団式を実施
小平奈緒主将介添えのもと、葛西紀明旗手より齋藤団長に、そして竹田会長に団旗が返還された(写真:アフロスポーツ)

 続いて、齋藤泰雄団長が大会報告を行い、まずは選手の大きな力となった国民の応援に対して感謝の言葉を述べました。また、今大会で金メダル4個、銀メダル5個、銅メダル4個を獲得し、メダル総数13個、入賞総数43と、共に過去最高の成績を収めたことを報告。大会4日目に原大智選手(スキー・フリースタイル)と梨沙羅選手(スキー・ジャンプ)が銅メダルに輝いたのを皮切りに、スケートチームを中心にメダルラッシュとなったことに触れ、「メダル数、入賞数、記録更新はチームジャパンとして夏冬一体となって競技力の向上に努めてきた結果だと思います」と総括し、「今回の選手の活躍が、東京2020大会での日本選手の活躍につながることを確信しております」と、夏季競技の選手へメッセージを送りました。

 大会報告が終わると、平昌大会のメダリストが紹介され、オリンピック特別賞が授与されました。続けて、秩父宮殿下よりご下賜の団旗が小平奈緒主将介添えのもと、葛西紀明旗手より齋藤団長に、そして竹田JOC会長に返還されました。最後に日本代表選手団を代表して、齋藤団長が第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)日本代表選手団の解団を宣言しました。









ページトップへ