競技紹介

HOME競技紹介自転車
自転車

概要

 自転車は18世紀末にドイツで発明されたのちフランスで改良され、ほどなく貴族階級の間でスポーツとして楽しまれるようになりました。その後ヨーロッパからアメリカにわたり、アメリカでも普及。オリンピック第1回大会のアテネ1896大会から正式競技として採用され、以来途切れることなく実施されている数少ない競技の一つです。

 自転車レースはプロの世界を中心として発展してきたため、オリンピックの舞台では比較的地味な存在でしたが、1992年バルセロナ大会からプロ選手の参加が可能になり、オリンピックでの注目度がアップしました。1996年アトランタ大会からはマウンテンバイクが、2000年シドニー大会からはトラック種目に日本で発祥したケイリンが、2008年北京大会からはBMXレースがそれぞれ種目に加わり、東京2020大会ではトラック種目でマディソンが、BMX種目でフリースタイルの追加が決定。このように、自転車レースのバリエーションは近年ますます広がりをみせています。女子種目は1984年ロサンゼルス大会で初めて個人ロードレースが採用された後、種目を増やし、2012年ロンドン大会以降男女種目同数実施が実現しています。


ルール・見どころ

 競技は使用する機材の違いで、すり鉢状の傾斜がついたトラック(オリンピックでは1周250m)で実施されるトラックレース、一般公道で実施されるロードレース、起伏に富んだコースで実施されるマウンテンバイクとBMXの4つに大別されます。

 このうち最も種目数が多いのはトラックレースで、男女それぞれ6種目ずつが行われます。

【トラックレース】
 スプリントは、個人でゴールへの着順を競う種目。力を最大限に発揮するためには空気抵抗をいかに和らげるかが重要で、レース中は最も風圧を受ける先頭を避けるためにさまざまな駆け引きが行われます。そして最終周付近からは、それまでとは打って変わって爆発的な先頭争いが繰り広げられ、一気に勝負がつきます。「いつ仕掛けるか」の判断もまた勝負のカギとなる、手に汗握る戦いです。

 チームパシュートは、4人1組の2チームが対面でスタートし、4kmで競われ、相手を追い抜く、またはタイムで勝ることで勝者となります。見どころは、空気抵抗から仲間を守り合うチームワークです。

 ケイリンは7人までの選手によってトラック6周で競われる種目。レース途中までは先頭誘導車が選手たちへの風よけをしながら段階的に速度を上げ、選手たちはその後ろで激しいポジション争いを繰り広げます。先頭誘導車が速度を時速50キロメートルまで上げ、残り3周で離脱すると、レースは一気にヒートアップ。そこからの激しい流れが見どころです。

 男子が1チーム3人、女子が1チーム2人で行うチームスプリントは、1周ごとにそれまで先頭を走り、風よけとなっていた選手がコースから外れていき、最後の選手がフィニッシュラインに達したタイムが記録となります。チームの力が問われる種目です。

 オムニアムは、トラックレースの複合種目。1日に4つのレースを行い、各レースの合計得点で順位を競います。4レースの内訳は、多数の選手が一斉にスタートして順位を争うスクラッチ、周回ごとに先頭の選手にポイントが入るテンポレース(オリンピックでは東京2020大会で初の実施)、2周回ごとに最下位の選手が脱落するエリミネーション、中間ポイントを獲得しながら30km前後を走破し、ポイントを競うポイントレースとなります。

 新種目マディソンは、2人1組のペアで、レース中に選手が交代しながら男子は50km、女子は30kmを走って競います。選手交代は、待機している選手と行いますが、その際、選手の体に触れなくてはいけません。高速走行中の選手が交代時に、待機中だった選手を加速するために手を引いて放つ「ハンドスリング」が大きな見どころ。ハンドスリングではなく、腰を押しても構いません。

【ロードレース】
 個人ロードレースは一般公道を使い、男子は250km超、女子は130km超のコースを一斉スタートしてゴールへの着順を競います。同じ国の選手のチームワークが光る種目でもあります。個人タイムトライアルは一定の時間間隔を空けて1名ずつスタートし、男子は50km前後、女子は30km前後の距離の走行時間を競います。

【マウンテンバイク】
 1周4km〜6kmの未舗装の山道を走るマウンテンバイク種目(クロスカントリー)は、コースにさまざまな表情があり、体力と技術でいかにコースを征服するかが見どころです。

【BMX】
 BMXはバイシクル・モトクロスのことで、オートバイのモトクロスの影響を受けてアメリカで誕生した競技。BMXレーシングは8mの高所にあるゲートから最大8人が一斉に坂を駆け下り、大きく起伏のあるコースで高々とジャンプを繰り返し、幾つかの傾斜の付いたコーナー(バーム)を抜けてゴールを目指し、着順で順位が決まります。高いジャンプからの落下や接触などの危険がつきまとうため、フルフェイスヘルメットやゴーグルなど4種目中で最も多くの装備が必要ですが、それだけにレースは迫力満点です。

 新種目BMXフリースタイルは曲面やスロープを複雑に組み合わせた施設で行われます。1分間にトリック(ジャンプ、空中動作、回転などの技・テクニック)をいくつも行い、点数を競う採点競技で、技の難易度や独創性、流れ、コントロール、着地などが採点の対象となります。これまで速さを競うことに主眼が置かれていた自転車競技に、新たな風が吹きこまれます。

※東京2020大会組織委員会 公式サイトより


ページトップへ