競技紹介

HOME競技紹介ボブスレー
ボブスレー・ボブスレー

概要

 ボブスレーは「氷上のF1レース」とも呼ばれています。流線型をした鋼鉄製シャーシーのそりに乗り、轟音を立てながら全長約1400m前後の氷の壁を疾走します。オリンピックでは1924年の第1回オリンピック冬季競技大会(シャモニー・モンブラン)から正式競技になりました。
 当初は男子だけの競技でしたが、2002年ソルトレークシティー大会から女子2人乗りが新種目として加わり、男子2人乗りと男子4人乗りを合わせて3種目となりました。


ルール・見どころ

 そりは前方にハンドル、後方にブレーキを備えており、そりの下には前と後ろにそれぞれ2本のスチール製ブレード(ランナー)があり、ドライバー(パイロット)が前部のランナーをハンドルで操作しながら滑走します。
 2人乗りはパイロットとブレーカーで組み、4人乗りはさらに2人のプッシャー(そりを押す人)を加えたメンバーで競技します。

 選手は静止したそりを力強く押し出し、加速させていきます。スタート板の15m先の地点からタイム計測が始まり、その先50m区間までのタイムをスタートタイムと呼びます。この区間の所要時間は5秒前後で、自分の力で加速できるのはこの時だけ。スタートタイムの差がそのままフィニッシュタイムに大きく影響するため、各チームとも全力を傾けて走ります。その後、チームメンバーは加速のついたそりにすばやく飛び乗り、どんどん加速していくそりを、パイロットがハンドルでコントロールして滑走していきます。ブレーカーは空気抵抗を減らすために低い姿勢でそり内に体を沈め、ゴールと同時にブレーキを引いてそりを止める役目を担います。

 そりは総重量が重たいほど加速が付いて有利となるため、そりと選手の総重量は2人乗りで最大390kg、女子は325kg、4人乗りは630kgまでと決められていますが、そりの最低重量も2人乗りが170kg、女子は165kg、4人乗りは210kgと決められており、重量を下回ると失格になります。
 競技は2日間で4回滑走して、その合計タイムの一番速いチームが優勝となります。タイムは1/100秒まで計測されます。


ページトップへ