ニュース

陸上、年間最優秀選手は右代 室伏に特別賞

2014.12.22  カテゴリ:その他競技情報

 日本陸連の年間表彰式「アスレティック・アワード」が22日、東京で開かれ、最優秀選手に仁川アジア大会の男子十種競技金メダルの右代啓祐が初めて選ばれた。広く社会に貢献した選手や団体に贈る特別賞は、日本選手権の男子ハンマー投げで20連覇した室伏広治が受賞した。
 優秀選手賞はアジア大会男子50キロ競歩を制した谷井孝行と、同1600メートルリレー優勝メンバーの金丸祐三、藤光謙司、飯塚翔太、加藤修也、高平慎士に決まった。
 新人賞にはアジア大会男子やり投げ2位の新井涼平、女子400メートル5位の青山聖佳、世界ジュニア選手権男子1万メートル競歩優勝の松永大介が選ばれた。(共同)

「アスレティック・アワード」の最優秀選手に選ばれた右代啓祐(中央左)、特別賞の室伏広治(同右)ら受賞者=22日、東京都内のホテル(共同)
「アスレティック・アワード」の最優秀選手に選ばれ、笑顔の右代啓祐=22日、東京都内のホテル(共同)
ニュース一覧へ

前後のニュース

モバイル|パソコン