ニュース

国際環境使節団(IEE)いよいよ長野へ到着

1996.10.01  カテゴリ:オリンピック

2年前の1994年2月のリレハンメルオリンピックの閉会式に出発した国際環境使節団(International Environmental Expedition:IEE)か、リレハンメル市長から次期開催都市長野市長へあてた「環境メッセージ」を携え、9月25日にいよいよ長野に到着します。リレハンメル大会からは、冬のオリンピックにおける「環境」問題が大きくクローズアップされるようになりましたが、その精神を長野へ引き継ぐために、彼らは一切の燃料動力を使用せず、犬ぞり、自転車、帆船などでシベリア大陸を横断しました。カムチャッカ半島からの帆船航海を経て、横浜からは自転車で長野に向かって進んでいます。団長はノルウェー人のゲイル・ランドビー氏で、団員は5名、日本からは野崎勲団員が参加しています。

IEEの行程は、以下のとおりです。

(1)1994冬(2.27〜5.10)
 リレハンメル(ノルウェー)---ムルマンスク(ロジア) 犬ぞり
(2)1994夏(8.2〜8.29)
 ムルマンスク(ロジア)---ババニャンコ(ロシア) 帆船
(3)1995冬('94.12.28〜'95.5.13)
 ババニャンコ(ロシア)---ティクシ(ロシア) 犬ぞり、カヌー
(4)1996(3.1〜5.23)
 ティクシ(ロシア)---アンバルチック(ロシア) 犬ぞり

ニュース一覧へ

前後のニュース

モバイル|パソコン