ニュース

【東京2020オリンピックメダリストインタビュー】武藤弘樹:とにかく思い切って自分のやるべきことをやろうと思って、最後の一本を打ちました

2021.11.09  カテゴリ:オリンピック

 JOCが年1回発行している広報誌「OLYMPIAN」では、東京2020オリンピックでメダルを獲得した各アスリートにインタビューを実施しました。ここでは誌面に掲載しきれなかったアスリートの思いを詳しくお伝えします。

武藤 弘樹(アーチェリー)
男子団体 銅メダル

■人生初体験のうれし泣き

――アーチェリーでは、団体初のメダル、おめでとうございます。今の気持ちを一言お願いします。

ありがとうございます。正直にうれしいという気持ちです。メダルをとりたい気持ちもあって臨んでいましたけど、初めて出たオリンピックでしたし僕には守るものも何もないですから。思い切ってやって、メダルがとれたのですごくうれしいです。

――河田悠希選手、古川高晴選手からの信頼もすごく厚く、「彼なら必ず決めてくれると思っていた」とおっしゃっていました。オランダとの3位決定戦、最後の最後でインナー10(10点部分のさらに内側に設けられる輪のこと)で決められた時はどういうお気持ちでしたか。

 10点に入ったのは本当に結果でしかないです。僕の最後の1本を皆さんが取り上げてくださるのはうれしいことではあるのですが、それ以上に二人が先に打って流れを作り、鼓舞してくれた上での1本です。あの場に立ったら、自分はいつも通り弓を引っ張ってただただ打つしかないと思いました。自分が完璧に打って、結果がたとえ8点だったとしても7点だったとしても、それはもう今の僕の実力です。追い込まれた場面でそこに打ってしまうのが僕の実力だと割り切りました。それはそれで諦めがつきますし、とにかく思い切って自分のやるべきことをやろうと思って、最後の一本を打ちました。
河田選手とは11年くらいの付き合い。たくさん喋ったり馬鹿なことをやったりいろいろなところに遊びに行ったりしてきた仲なので、そういう意味でもとくに信頼してくれていたのではないかと思います。

――勝利が決まった瞬間、男泣きしていました。うれしさは大きかったですか。

 はい。メダルをとったということはもちろん大きいのですが、自分らしく思い切って打って、それがど真ん中に入って勝てたということがうれしくて……。それが銅メダルにつながったと思うと、さらにうれしかったですね。今まで本当に悔しい気持ちで泣いたことしかなかったんですけど、初めてうれしい気持ちで涙を流すことができて本当に良かったと思います。

――初めてのオリンピック、初めてのメダル、初めてづくしですね。

 そうですね、プロ野球選手などでもそういう選手がいますよね。初打席初ホームランみたいな。初めてのオリンピックでメダルをとれたことはすごくうれしいのですが、今回は3位だったので、次こそは金メダルをとりたいという思いはあります。

アーチェリー男子団体で銅メダルを獲得した日本チーム。武藤選手は写真右側(写真:フォート・キシモト)

■スポーツを通じてみんなが一つに

――新型コロナウイルス感染症拡大の影響で1年延びてオリンピックが行われました。実際1年延びたことは武藤選手にとってどのように影響しましたか。

 1年延びた時に思ったのは「中止にならなくて良かった」ということでした。大会自体、開催されるか、されないかも分からない状況でしたが、準備できる期間が延びて、僕が成長できるチャンスが1年増えたことでもっと良い結果が出せるとは思いました。もちろん新型コロナウイルス感染症拡大の影響で練習などには制限がありましたが、そういう時だからこそできることに目を向けようと思いましたし、打ち方などもゼロベースからまた見直すことができたことは本当に良かったと思います。

――オリンピックに対してどのような思いがありましたか。

 国際総合競技大会としては、ジャカルタでのアジア競技大会(2018年)、そして14年の南京ユースオリンピックに出ていました。オリンピックに出てみて、今までの総合競技大会とは国民の応援が全然違うと感じました。オリンピックが始まるまでは、「やらない方がいい」「中止にしろ」という否定的な意見が大半だったように感じていました。
でも、「スポーツの力は世界をつなぐ」と言ってくださる方もいて、僕もそのスポーツの力を今回のオリンピックですごく強く感じました。誰かがメダルをとった時にみんなで一緒に喜んだり、メダル以外でも感動や興奮などスポーツのエキサイティングな部分をみんなで楽しんだり、世界中の人々が一緒に自分の国を応援できるのが本当にオリンピックのいいところだと感じました。スポーツを通じてみんなが一つになれるのは本当にいいことだと、改めて思いました。

――無観客での試合はいかがでしたか。

 そうですね、僕の見てきたオリンピックは、多くの観客のなかで拍手や声援がいっぱいというイメージでしたが、僕自身はそれを体感したことがなかったので、いつもと違うと感じることはなかったです。周りから祝福の言葉をいただいた時に、直接試合を見ることはできなかったかもしれませんが、SNS、インターネット、テレビなどを通じて画面の向こうで応援してくれている皆さんがいたことを実感できました。無観客でしたが、それでも皆さんが応援してくださる気持ちは変わらなかったのかなと思います。

――次はパリオリンピックが目標ですね。

 そうですね。今回団体で銅メダルをとった以上、次のオリンピックではそれ以上のメダルをとって帰ってくることが目標になると思います。3年後というのはすぐそこというくらい間近になってしまいますが、そこに向かって頑張っていきたいです。今回試合をやってみてまだまだ足りないと思うところもあったので、そこをもう一度詰めて頑張っていきたいと思います。

――あと3年間、どのような努力をしていくつもりですか。

 僕のなかで今回心残りがあるとしたら、団体戦の前にあった混合団体です。そこで自分が緊張していたのに緊張していると気づかず、いざ本番では緊張でわけが分からないまま試合が終わってしまいました。本当に情けない試合となってしまったので、自分の気持ちや感情のコントロールをうまくできるように成長したいと思っています。

(取材日:2021年7月27日)

■プロフィール
武藤 弘樹(むとう・ひろき)
1997年6月26日生まれ。愛知県出身。中学1年の時にアーチェリーと出会う。高校1年で世界ユース選手権に初出場。翌年、南京ユースオリンピックに出場し、予選で当時の60mWのキャデットの日本記録を更新しベスト8に入る。高校3年の時には、世界ユース選手権ジュニア男子団体で銅メダルを獲得。2018年ワールドカップでは男子団体で銀メダル獲得に貢献。21年東京2020オリンピックのアーチェリー男子団体では、日本史上初となる銅メダルを獲得した。トヨタ自動車(株)所属。

3位決定戦、最後の一本で「インナー10」を決めてガッツポーズ(写真:ロイター/アフロ)
ニュース一覧へ

前後のニュース