ニュース

ベイカー茉秋、柔道GPへ出発 代表争い追い上げに、勝ち続ける

2019.09.18  カテゴリ:その他競技情報

 2016年リオ五輪柔道男子90キロ級金メダルのベイカー茉秋が18日、グランプリ大会(20〜22日・タシケント)出発前に取材に応じ「東京五輪に向けて一戦も落とせない。勝ち続ける」と代表争いの追い上げに気合を入れた。
 ベイカーは7月のGPモントリオール大会を制し、国際大会ではリオ五輪以来の優勝。右肩故障などによる不振から脱し「肩の心配はもうない。調子も上がってきた。しっかり連勝したい」と話す。
 8月の世界選手権90キロ級では向翔一郎が準優勝。テレビ観戦したベイカーは「強豪が結構負けた。この階級には絶対的な選手がいない。まだまだチャンスはある」と力を込めた。(共同)

タシケントでのグランプリ大会出発前に取材に応じるベイカー茉秋=18日午前、成田空港(共同)
ニュース一覧へ

前後のニュース

モバイル|パソコン