第22回オリンピック競技大会(2014/ソチ)

羽生「金メダルが希望の象徴に」 特派員協会で会見

2014.04.24  カテゴリ:オリンピック

 ソチ冬季五輪のフィギュアスケート男子で金メダルに輝いた仙台市出身の羽生結弦(ANA)が24日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し、東日本大震災の被災者や困難に直面した人々にとって「首に掛けている金メダルが希望の象徴や、応援してくださった象徴になっていたらうれしい」と語った。
 19歳のスケーターは「練習では4回転ループを決めたし、今は4回転ルッツにも挑戦している」と新たなジャンプの習得に意欲を示した。(共同)

記者会見で、ソチ冬季五輪の金メダルを手にポーズをとるフィギュアスケート男子の羽生結弦=24日、東京・有楽町の日本外国特派員協会(共同)
ニュース一覧へ

前後のニュース

表示:モバイルパソコン
ページトップへ