第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)

柔道女子の松本が当面休養へ 20年東京五輪へ現役続行

2016.10.08  カテゴリ:オリンピック

 リオデジャネイロ五輪柔道女子57キロ級銅メダルの松本薫(29)=ベネシード=が8日、当面の間休養した上で、2020年東京五輪出場を目指すことを明らかにした。岩手県久慈市の岩手国体柔道会場で行われたイベントに出席後「柔道ができる心と覚悟が整えば動き始める。東京五輪は特別なものなので出場したい」と話した。
 リオ五輪後の松本は各種行事が続き、本格的な稽古を再開していない。32歳で迎える20年は体力面の衰えが懸念され、国内の若手との激しい代表争いも予想される。あえて現役を続ける心境を「まだ柔道ができる体なのに、それを自分から諦めるのはもったいない」と語った。(共同)

岩手国体柔道会場で行われたイベントに参加し、取材に応じる松本薫=久慈市民体育館(共同)
ニュース一覧へ

前後のニュース