第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)

バスケ渡嘉敷、WNBAから帰国 4年後は「メダルを」

2016.09.26  カテゴリ:オリンピック

 リオデジャネイロ五輪のバスケットボール女子で日本の8強入りに貢献した渡嘉敷来夢(JX―ENEOS)が26日、米プロリーグWNBAのシアトル・ストームでのプレーを終えて成田空港に帰国し「五輪で印象に残っているのはメダルを取れなかったこと。4年後も同じ目標に向かって走りたい」と疲れをみせずに笑顔を振りまいた。
 リオ五輪後は米国へ戻り、WNBA2年目の今季は31試合に出場。1試合平均5・3得点、2・5リバウンドで、初めてプレーオフも経験した。新戦力の加入で昨季よりプレー時間は減ったが「試合に出たいという飢えを経験できた」と前向きに捉えた。(共同)

帰国後、笑顔で取材に応じる渡嘉敷来夢=26日午後、成田空港(共同)
ニュース一覧へ

前後のニュース