第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)

徳島県、タカマツペアを表彰 バド松友選手の出身

2016.09.26  カテゴリ:オリンピック

 徳島県は26日、リオデジャネイロ五輪バドミントン女子ダブルスの金メダリストで同県藍住町出身の松友美佐紀選手(24)に県民栄誉賞を、ペアの高橋礼華選手(26)=奈良県橿原市出身=に特別功労賞を授与した。
 2人が県庁の玄関ホールに到着すると、県民らが「おめでとう」と歓声と拍手で出迎え、2人も笑顔で手を振って応えた。その後、応接室で贈呈式が開かれ飯泉嘉門知事から賞が手渡された。
 記者会見で松友選手は「改めて多くの方が応援してくれていたことを実感した。感謝の気持ちでいっぱい」と話した。
 27日には藍住町でパレードも行われる。(共同)

徳島県庁を訪れ、出迎えの人たちに笑顔で応えるリオ五輪バドミントン女子ダブルス金の松友美佐紀選手(右)と高橋礼華選手=26日午後(共同)
ニュース一覧へ

前後のニュース