第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)

卓球の水谷、伊藤選手がパレード 五輪メダル胸に地元静岡で

2016.09.03  カテゴリ:オリンピック

 リオデジャネイロ五輪の卓球でともにメダルを獲得した水谷隼選手(27)と伊藤美誠選手(15)が3日、メダルを胸に地元の静岡県磐田市でパレードし、2人を祝う約3万1千人の市民らが集まった。
 両選手はオープンカーに乗り、JR磐田駅前を午後1時半に出発。市役所までの約600メートルを約30分かけてパレードした。「おめでとう」「お疲れさま」と沿道から次々声が掛かり、2人は首にかけたメダルを掲げ、手を振って応えていた。
 終点の市役所駐車場では、設置された舞台に上がった2人に市民栄誉賞が贈られた。水谷選手は「最高の気分」と話し、伊藤選手も「光栄」と笑顔を見せた。(共同)

リオ五輪の卓球でメダルを獲得し、地元のパレードで沿道の市民に手を振る水谷隼(左)と伊藤美誠の両選手=3日午後、静岡県磐田市(共同)
ニュース一覧へ

前後のニュース

モバイル|パソコン