第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)

シンクロ乾・三井組銅、第12日 バド奥原、山口下し4強

2016.08.17  カテゴリ:オリンピック

 リオデジャネイロ五輪第12日(16日)シンクロナイズドスイミングのデュエットは、乾友紀子(井村シンクロク)三井梨紗子(東京シンクロク)組が銅メダルを獲得した。シンクロの日本勢のメダルは2大会ぶり。
 日本選手団のメダル数は金7、銀4、銅18の計29となった。
 バドミントンの女子シングルス準々決勝の日本人対決は、奥原希望(日本ユニシス)が山口茜(再春館製薬所)に勝ち、シングルスの日本勢として初の4強入り。
 レスリングの男子グレコローマンスタイル66キロ級の井上智裕(三恵海運)は敗者復活戦を勝ち上がったが、3位決定戦で敗れ、5位だった。(共同)

デュエット・フリールーティン決勝 銅メダルを獲得した乾(右)、三井組の演技=リオデジャネイロ(AP=共同)
ニュース一覧へ

前後のニュース

モバイル|パソコン