第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)

【閉幕に寄せて】日本代表選手団コメント(2)

2012.08.13  カテゴリ:オリンピック

ロンドンオリンピック日本代表選手団の今大会の感想や今後に向けた抱負など、閉幕に寄せるコメントを一斉配信します。

■水泳・競泳
・北島康介選手
 個人としては思うような結果を残せませんでしたが、最後の最後で自分らしい泳ぎができてよかったです。チームのために戦って、メダルを取ることができてうれしいです。

・松田丈志選手
 個人では金メダルに少し届かなくて残念でしたが、メドレーリレーでチームで戦う楽しさ、素晴らしさを感じるレースができてよかったですし、銀メダルが取れてよかったです。

・入江陵介選手
 今回、メダル3個を目標にして、達成はできたんですが、金メダルにあと少し足りず、残念な気持ちもあります。メダルを取った後、いろいろな人たちからメールや電話をいただいて、あらためてオリンピックの大きさを実感することができました。ロンドンオリンピックの競泳は終わりましたが、リオへのオリンピックは、もう始まっていると思うので、しっかりと4年後を見据えて頑張っていきたいと思います。

・立石諒選手
 200メートル(平泳ぎ)で自己ベストにはならなかったですが、目標のメダルを取れて、本当に多くの人から連絡をもらって、すごい人数の人に支えられて、今まで水泳をしてきたのだという実感がわいています。これから、どのような形になるかは分かりませんが、少しずつ応援してくれた人たちに今の気持ちを伝えていきたいと思います。

・萩野公介選手
 競泳の最初の種目で、日本チームに勢いを与えられるようにと自分に言い聞かせながらレースに臨みました。それがメダルという最高の形で皆さんにバトンを渡すことができました。チームの皆さん、応援してくれた人たちのおかげでこのような結果が出ました。

・藤井拓郎選手
 (メドレー)リレーでは最初からメダルを目指していたので、銀メダルを獲得して達成感を感じています。オリンピックをいい経験にできたと思うので、今後につなげていきたいです。

・鈴木聡美選手
 100メートル(平泳ぎの)銅メダルから勢いづいて、200メートル(平泳ぎ)でもしっかり自分のレースをすることができました。たくさんの地元の友だち、山梨(学院大)の水泳部の仲間、家族からメールやメッセージをたくさんもらって緊張せず、リラックスして自分のレースに取り組んで、メダルを取れてうれしく思っています。日本から応援してくれた皆さんに感謝の気持ちを伝えたいです。

・寺川綾選手
 個人種目は100(メートル背泳ぎ)一本に絞って、金を目指してやってきました。世界で1番のところには届きませんでしたが、私なりの精いっぱいの、最高のレースができたのではないかと思います。メドレーリレーでもチームのみんなと力を合わせて、本当に日本のチーム力、絆を感じるレースになりました。たくさんの方のサポートのおかげです。

・星奈津美選手
 口には出しませんでしたが、初めて金メダルというものを本気で意識して、そういった気持ちでやってきました。レース直後、悔しい気持ちもありましたが、表彰台でメダルをかけてもらったときに、オリンピックのメダルの重さを感じ、これまでやってきたものがすべてがここに詰まって、ここに戻ってきたのだと感じました。いろいろな人の支えや力を借りて獲得できたメダルだと思います。

・上田春佳選手
 メドレーリレーのメダルは絶対に取るという気持ちでやってきたのでうれしかったです。たくさんの人たちの支えがあってここまでこれました。

・加藤ゆか選手
 この銅メダルは日本で応援してくれた皆さんも含めて、応援してくれた皆さんとともに取ったメダルだと思います。最終日に男女ともにメダルを取れて本当によかったです。

■水泳・飛込み
・中川真依選手
 悔しい思いはあるんですが、もう一回4年前からオリンピックを目指してきて、自分の中ではやりきったと思います。またこの舞台で戦うことができてうれしかったです。この4年を振り返ると、思い出すのはやはり去年1年の挫折です。すごくつらかったんですが、もう一回この舞台に立てたのは去年の経験があったからだと思います。今後はまずは国体を目指して頑張ります。

■シンクロナイズドスイミング
・乾友紀子選手
 競技を終え、本番では力を出して泳ぐことはできましたが、目標を達成することが出来なかったという点においては悔しさも残っています。
 今大会に出場して、オリンピックという舞台で演技が出来ることの素晴らしさを感じたとともに今後はさらにインパクトのある演技を見せたいという思いが強くなりました。
 今回、万全の状態で大会に臨むことが出来たのも沢山の方のサポートがあってのことなので本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

・小林千紗選手
 競技を終えて、オリンピックはテレビでしか知らなかったけれど、世界各国が国を挙げての大規模で、この大舞台に建てたことに幸せを感じ、応援してくださった方々に感謝します。
 今大会まで4年前から全員メンバーが入れ替わり一からのスタートだったが、少しずつ点数も上がってきているので、今までやってきたことは間違ってなかったということが証明できたと思います。世界のレベルはどんどん進化しているので、それに追いつけるよう、そして強い日本をアピールし続けなければならないと思います。

・足立夢実選手
 競技を終えて、ロンドンオリンピックは私にとって初めてのオリンピックでしたが、まず思ったのが、今まで見ていたオリンピックと自分が実際に出場するオリンピックは全然違うということです。オリンピックという大イベントで国を挙げて応援していただいて日本を背負うということの素晴らしさを感じました。自分の試合は心おきなく戦うことが出来たし、良い意味での悔いも残り、充実しそして成長出来たロンドンオリンピックでした。
 今回ここまで来るのに4年かかった、けれども4年かければ自分がそしてチームがもっと成長できるという自信があります。この思いをつなげていきたいです。

・酒井麻里子選手
 競技を終えて、本番の演技はあっという間に過ぎていき、その中で出せる力は出し切りました。会場の雰囲気や水の感覚は強く心に残っています。
 今大会に出場し今後は自分の人生に活かしていきたいです。オリンピック本番、またオリンピックまでの貴重な体験はすべてが私を成長させ、沢山のことを気づかせてくれました。まずは応援してくださった方々に心から感謝したいです。
 私はオリンピックでチームを泳げて本当によかったです。めげてしまいそうな時はチー        ムメイトの頑張る姿を見て気持ちを入れ替えることが出来ました。また、家族や友達や   支えてくださった方々の応援や励ましがあって今の私があるので、力強く泳いでいる姿を見せられてよかったです。

・箱山愛香選手
 競技を終えて、オリンピックという大きな舞台で演技することが出来てとても幸せでした。演技前や演技中もチームが一つになっていることをすごく感じました。しかし94点に乗せるためにはまだまだレベルアップしなければならないと世界トップの演技を見て感じました。
 カナダに勝ちたかったですし、94点に乗せたかったのですが、あとちょっとで伸ばすことが出来ずに残念でした。全体的に高さやスピード、パワー、すべてをレベルアップし、フリールーティーンでは、もっとアクロバティックのものを上達させ見ている人たちを楽しませるような演技をしたいです。
 私は小さい時からオリンピックを夢見ていたので出場することが出来てすごく嬉しかったしオリンピックって本当にすごいなと感じました。オリンピックを終えて勝ちたい、95点以上を出したいという気持ちが強くなったので、さらに努力し頑張ります。

・中村麻衣選手
 競技を終えて、オリンピックという特別な舞台でたくさんの方々に応援していただき、とても幸せな気持ちで泳ぎ切れました。少しずつですが、日本が進化しているところをアピールできたと思います。
 今大会に出場して、トップの国の演技も見ることも出来て足りない部分、課題点もたくさんあったのでそれを今後克服していき、さらに成長した日本を見せられるようにしたいです。
 今回オリンピックという舞台を経験し、日本選手団の活躍がすごく励みになり自分自身もモチベーションを上げることが出来ました。

・三井梨紗子選手
 競技を終えて、オリンピックという最高の舞台で最高の演技が出来てよかったです。
チームが一つになって自分たちの力を出し切れたことをとても誇りに思います。
 今大会に出場して、今後は今回感じたこと学んだことをもう一度自分の中で反省して、必ず今より一つずつ目標をクリアしていきます。
 私は今回初めてオリンピックに出場しました。その中で今まで経験したことがないようなことをたくさん経験することが出来ました。この経験は必ず次へ進むステップとして自分の力になるので、忘れず進んでいきたいです。

・糸山真与選手
 競技を終えて、初めてオリンピックという大舞台に立ちすごく緊張しました。本番前より選手村に到着した日が一番ドキドキしました。様々な競技のたくさんの人たちがいて、中にはメダリストの方などもいて、私も同じ大会に出るんだと思うと本当に緊張しました。間近でメダルがとれたりとれなかったり、そして他の競技の応援もしたりもして、いろいろな刺激を受けました。
 今大会に出場して、今後自分の課題、チームの課題にしっかり向き合い、改善していけるように頑張ろうと思いました。課題は自分自身明確になったので、もう一度整理をして練習したいと思いました。
 日本の多くの選手がメダルをとっていて私もとりたいとすごく思いました。でもそれにはもっと強くならないと叶いません。今回感じた思いを大切にして、これからの練習を頑張ろうと思っています。

・吉田胡桃選手
 競技を終えて、今まで行ってきた練習は無駄ではなかったと思えた試合でした。去年の世界選手権よりも、今年の4月の最終予選よりも、少しでも上手く成長した演技を審判や観客、コーチに見せることが出来ました。今できる精一杯の気持ちで泳ぎました。
 今大会に出場して、今後見直す点も明確になってくると思うので、チームで話し合い改善していきます。
 私は初めてオリンピックでの大舞台で泳ぎ、今はとてもやり切った気持ちでいっぱいです。まだまだ上はありますが、今のチームの最高の演技が出来たと思います。94点には届きませんでしたが、チーム一丸となって戦い抜いたと感じています。