第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

日本勢は全員敗退 卓球・31日

2018.09.01  カテゴリ:国際総合競技大会

 卓球シングルスで、男子の上田仁(岡山リベッツ)は3回戦でイラン選手を4―1で下したが、準々決勝で世界ランキング1位の樊振東(中国)に0―4で完敗した。松平健太(木下グループ)は3回戦でインド選手に4―1で勝ったが、準々決勝で林高遠(中国)に2―4で負けた。
 女子の加藤美優(日本ペイントホールディングス)は3回戦で北朝鮮選手に4―3で競り勝ったが、準々決勝で田志希(韓国)に3―4で敗れた。安藤みなみ(専大)は3回戦で台湾選手に2―4で屈した。(共同)

男子シングルス準々決勝 中国選手と対戦する上田仁=ジャカルタ(共同)
ニュース一覧へ

前後のニュース

モバイル|パソコン