第17回アジア競技大会(2014/仁川)

障害飛越の団体で銅 アジア大会馬術

2014.09.28  カテゴリ:国際総合競技大会

 <アジア大会馬術28日>障害飛越の個人予選を兼ねた団体で、日本が3大会ぶりのメダルとなる「銅」を獲得した。個人では杉谷泰造(杉谷乗馬ク)がトップに並び、平尾賢(エンゼル乗馬ク)が10位、林忠寛(北総乗馬ク)は18位、宇都宮誉司(成田乗馬ク)は26位だった。
 30日の決勝には各国・地域で3人馬までが進み、日本は杉谷、平尾、林が出場する。(共同)

障害飛越団体で銅メダルを獲得した(左から)杉谷、平尾、林、宇都宮=仁川(共同)
ニュース一覧へ

前後のニュース

モバイル|パソコン