HOMEニュース「長野オリンピック・パラリンピック20周年記念 ウィンドシンフォニーオーケストラ meets オリンピックコンサート」を4月14日(土)に長野県で開催

ニュース

「長野オリンピック・パラリンピック20周年記念 ウィンドシンフォニーオーケストラ meets オリンピックコンサート」を4月14日(土)に長野県で開催

カテゴリ:イベント
2018.03.01
「長野オリンピック・パラリンピック20周年記念 ウィンドシンフォニーオーケストラ meets オリンピックコンサート」を4月14日(土)に長野県で開催
昨年4月22日に開催された久留米公演(写真:フォート・キシモト)

 日本オリンピック委員会(JOC)は、株式会社ブリヂストン(ワールドワイドオリンピックパートナー)およびブリヂストン吹奏楽団久留米のご協力により、「長野オリンピック・パラリンピック20周年記念 ウィンドシンフォニーオーケストラ meets オリンピックコンサート」を4月14日(土)に長野市芸術館メインホールで開催します。

 JOCでは1997年から毎年、オリンピック・ムーブメントの推進を目的に、感動的なオリンピック映像を壮大なフルオーケストラの演奏とともにお送りするスペシャルコンサート「オリンピックコンサート」を東京で開催しています。昨年、新たな音楽と幅広い地域の方々との出会いを意図し、初めて吹奏楽団との共演による首都圏以外での開催が福岡県久留米市で実現。演奏はこれまで全日本吹奏楽コンクールにおいて33回の金賞受賞を誇るブリヂストン吹奏楽団久留米が担当し、迫力あるブラスサウンドと躍動するオリンピック映像の競演による感動的な舞台は大好評を博しました。この好タッグによる2回目の公演が、1998年の長野オリンピック・パラリンピックから20年という節目を迎える長野でふたたび実現することとなります。

 今回のコンサートでは、世紀を超えて受け継がれてきたオリンピックの夢を、歴代のオリンピックヒーロー、ヒロインのなつかしい映像や、あの時NAGANOから世界中へ発信された名場面、そして平昌で生まれた新たな感動の映像を存分に取り入れ、迫力ある、そして艶やかな吹奏楽の響きにのせてお届けします。

 また、長野オリンピック、そして長野ゆかりのオリンピアンも参加予定。アスリートたちにとってオリンピックとは何なのか、アスリート自身に熱く語っていただきます。(参加者は決定次第発表)

【長野オリンピック・パラリンピック20周年記念 ウィンドシンフォニーオーケストラ meets オリンピックコンサート開催概要】

■日時:2018年4月14日(土) 開場/15:30 開演/16:00

■会場:長野市芸術館 メインホール(長野市大字鶴賀緑町1613)

■出演者
指揮:冨田 篤
演奏:ブリヂストン吹奏楽団久留米
合唱:長野ジュニアコーラス
司会:蒲田 健
※長野オリンピック、長野ゆかりのオリンピアン参加予定
※参加者は決定次第発表

■チケット料金:500円(税込/全席指定)
チケット発売は3月3日(土)10:00〜 NCACチケットオンライン他で発売開始
※未就学児童入場不可

■プログラム内容
○第一部
・ブリヂストン・ファンファーレ(J.グラステイル)
・序曲《ローマの謝肉祭》(エクトル・ベルリオーズ)
・歌劇「イーゴリ公」から『だったん人の踊り』(アレクサンドル・ボロディン)

○第二部
・オリンピアン・トークコーナー
・冬の光のファンファーレ〜長野オリンピックのための(湯浅譲二)
・交響曲第2番第3楽章から(セルゲイ・ラフマニノフ)
・セント・フローリアン・コラール(トーマス・ドス)
・バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第2組曲から『夜明け、全員の踊り』(モーリス・ラヴェル)
・オリンピック讃歌(スピロ・サマラ)


前後のニュース




ページトップへ