HOMEニュース伊調馨選手、地元青森でパレード 4万人が「おめでとう」

ニュース

伊調馨選手、地元青森でパレード 4万人が「おめでとう」

カテゴリ:オリンピック
2016.09.24
伊調馨選手、地元青森でパレード 4万人が「おめでとう」
リオ五輪で史上初の女子個人種目4連覇を果たし、国民栄誉賞受賞が決まったレスリングの伊調馨選手(手前左)。出身地の青森県八戸市で行われたパレードで観衆に向かい笑顔で手を振った。隣は母の遺影を持つ父春行さん=24日午後(共同)

 リオデジャネイロ五輪で史上初の女子個人種目4連覇を果たし、国民栄誉賞受賞が決まったレスリングの伊調馨選手(32)が24日、出身地の青森県八戸市でパレードし、集まった約4万人から祝福を受けた。
 伊調選手は、2年前に亡くなった母トシさん=当時(65)=の遺影を持った父春行さん(65)、兄寿行さん(39)と市中心部の約700メートルをオープンカーで走行。沿道に集まった市民が日の丸の旗を手に「おめでとう」などと歓声を上げた。伊調選手は手を振って笑顔で応えた。
 この日は、八戸市から市民特別栄誉大賞が贈られ「ここで生まれ育って本当によかった」と話した。(共同)





ページトップへ