HOMEニュース五輪男子マラソン、佐々木16位 最終日、新体操団体は8位

ニュース

五輪男子マラソン、佐々木16位 最終日、新体操団体は8位

カテゴリ:オリンピック
2016.08.22
五輪男子マラソン、佐々木16位 最終日、新体操団体は8位
男子マラソン ゴールした(手前から)佐々木悟、北島寿典、石川末広の各選手=リオデジャネイロ(共同)
五輪男子マラソン、佐々木16位 最終日、新体操団体は8位
新体操団体決勝 リボンの演技を終え歓声に応える畠山(右端)ら日本=リオデジャネイロ(共同)

【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪最終日の21日、陸上男子マラソンの日本勢は佐々木悟(30)が2時間13分57秒で16位に入ったのが最高だった。エリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間8分44秒で初優勝した。石川末広(36)は36位、北島寿典(31)は94位と振るわなかった。
 新体操の団体決勝で日本はリボンの演技にミスが出て、8チーム中の8位だった。
 自転車の男子マウンテンバイクには山本幸平(31)が出場。
 第16日の20日、サッカー男子決勝は地元ブラジルがドイツを破り初優勝した。
 陸上男子やり投げ決勝の新井涼平(25)は11位だった。


五輪男子マラソン、佐々木16位 最終日、新体操団体は8位
男子マラソン 22キロ付近を力走する佐々木悟(手前)と石川末広=リオデジャネイロ(共同)





ページトップへ