HOMEニュースリオ五輪、22日朝閉幕 4年後の東京へバトン

ニュース

リオ五輪、22日朝閉幕 4年後の東京へバトン

カテゴリ:オリンピック
2016.08.21
リオ五輪、22日朝閉幕 4年後の東京へバトン
閉会式が行われるマラカナン競技場=7月22日、リオデジャネイロ(チャーターヘリから・共同)

【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪は21日午後8時(日本時間22日午前8時)からリオデジャネイロ市のマラカナン競技場で閉会式が行われて閉幕し、2020年五輪の舞台となる東京にバトンを渡す。
 17日間の大会は陸上男子のウサイン・ボルト(ジャマイカ)の3大会連続3冠や、サッカーやバレーボール、ビーチバレー、柔道などでの地元勢の活躍で盛り上がった。カーニバルの国らしい熱気に包まれた会場もあった。初めて参加した「難民五輪選手団」の奮闘も温かく迎えられた。
 閉会式は安倍晋三首相が参加。セレモニーで東京都の小池百合子知事に五輪旗が引き継がれる。





ページトップへ