HOMEニュース男子400m障害の野沢が準決へ 陸上・15日

ニュース

男子400m障害の野沢が準決へ 陸上・15日

カテゴリ:オリンピック
2016.08.15
男子400m障害の野沢が準決へ 陸上・15日
女子200メートル予選 うつむいて引き揚げる福島千里=リオデジャネイロ(共同)
男子400m障害の野沢が準決へ 陸上・15日
男子400メートル障害予選 力走する野沢啓佑=リオデジャネイロ(共同)

 男子の400メートル障害予選は野沢啓佑が48秒62の4組1着で準決勝に進み、松下祐樹は49秒60の1組4着で敗退した。3000メートル障害は予選1組の塩尻和也は8分40秒98の11着で落選。三段跳びの長谷川大悟は16メートル17、山下航平は15メートル71で共に予選落ちした。
 女子の200メートル予選7組で福島千里は23秒21の5着で準決勝に進めなかった。ハンマー投げでウォダルチク(ポーランド)が82メートル29の世界新記録で初優勝し、3000メートル障害はジェベト(バーレーン)が8分59秒75で優勝した。(共同)





ページトップへ