HOMEニュース五輪シンクロ日本、早速練習 井村監督の怒号響く

ニュース

五輪シンクロ日本、早速練習 井村監督の怒号響く

カテゴリ:オリンピック
2016.07.31
五輪シンクロ日本、早速練習 井村監督の怒号響く
本番会場での練習で、井村雅代監督(手前)の指示を聞くシンクロナイズドスイミング日本代表=リオデジャネイロ(共同)

 【リオデジャネイロ共同】2大会ぶりのメダル獲得を目指すシンクロナイズドスイミングのリオデジャネイロ五輪日本代表はリオデジャネイロ入りした30日に早速、試合会場で練習を行った。みっちりと約4時間半泳ぎ込む間、井村雅代監督の怒号が屋外プールに響き渡った。
 約27時間かけて日本から到着し、その数時間後にチームはプールにいた。さすがに長距離移動の疲れからか動きは重い。そんな選手たちを井村監督は「あの寝ぼけた演技を見たら腹が立つだけ」と厳しく叱咤した。青空の下で始まった練習が終わった頃にはすっかり夜になっていた。





ページトップへ