HOMEニュースアーチェリー早川、現役復帰 「東京五輪でメダルを」

ニュース

アーチェリー早川、現役復帰 「東京五輪でメダルを」

カテゴリ:その他競技情報
2016.06.08
アーチェリー早川、現役復帰 「東京五輪でメダルを」
記者会見で笑顔を見せるアーチェリーの早川漣=8日、長崎県諫早市(共同)

 2012年ロンドン五輪アーチェリー女子団体銅メダリストで、4月からは「V・ファーレン長崎」に所属するアーチェリー選手として活動を再開した早川漣(28)が8日、長崎県内で記者会見し「やるからには(20年)東京五輪でメダルを取りたい」と決意を口にした。昨年3月に右肩痛の悪化のために第一線を退く意向を示したが、現役復帰を望む周囲の声に翻意。
 早川は14年秋の地元長崎国体で成年女子団体優勝後に競技を離れ、長崎国際大で指導に回っていたが「長崎に必要とされていると思いだして、私にできるのはアーチェリーしかない、アーチェリーで恩返しするしかないと思った」と語った。(共同)





ページトップへ