HOMEニュースフェンシング太田らリオ五輪代表 徳南と西岡は最終予選へ

ニュース

フェンシング太田らリオ五輪代表 徳南と西岡は最終予選へ

カテゴリ:オリンピック
2016.04.05
フェンシング太田らリオ五輪代表 徳南と西岡は最終予選へ
上段左から太田雄貴、見延和靖、下段左から佐藤希望、青木千佳(共同)

 日本フェンシング協会は5日、男子フルーレで2008年北京五輪個人と12年ロンドン五輪団体の銀メダルを獲得した太田雄貴ら4選手のリオデジャネイロ五輪出場が正式に決まったと発表した。4日付の世界ランキングで確定した。
 男子はエペの見延和靖、女子はエペの佐藤希望とサーブルの青木千佳の出場も決まった。30歳の太田は4大会連続出場。旧姓中野でロンドン五輪に出場した佐藤は2大会連続、見延、青木は初出場となる。
 男子サーブルの徳南堅太と女子フルーレの西岡詩穂は11、12日に中国の無錫で行われるアジア・オセアニア最終予選に出場する。(共同)





ページトップへ