HOMEニューストランポリン日本代表が帰国 伊藤、棟朝がリオへ意欲

ニュース

トランポリン日本代表が帰国 伊藤、棟朝がリオへ意欲

カテゴリ:オリンピック
2015.12.01
トランポリン日本代表が帰国 伊藤、棟朝がリオへ意欲
トランポリンの世界選手権から帰国し、ポーズをとる伊藤正樹(左)と棟朝銀河=1日、成田空港(共同)

 トランポリンのリオデジャネイロ五輪予選を兼ねた世界選手権(オーデンセ=デンマーク)に出場した日本代表が1日、成田空港に帰国し、五輪出場が決まった男子の伊藤正樹(東栄住宅)は「100パーセントの演技ができた」と自信を見せ、棟朝銀河(慶大)は「ここがスタート地点。まだ満足していない」と来年の本番に意欲を示した。
 上位8人による決勝に進んで五輪出場枠を獲得し、日本体操協会の選考基準で代表に決定。決勝で伊藤は4位、棟朝は8位だった。
 伊藤は「(上位3人とは)差がなく、自分がメダルとも思った。ここからリオまで難度を上げていきたい」と悲願のメダルに向けて力を込めた。(共同)





ページトップへ