HOMEニュースフェンシングW杯Vの見延が帰国 「とうとうやってやった」

ニュース

フェンシングW杯Vの見延が帰国 「とうとうやってやった」

カテゴリ:その他競技情報
2015.11.17
フェンシングW杯Vの見延が帰国 「とうとうやってやった」
フェンシング男子エペのW杯から帰国し、トロフィーの剣を手にする見延和靖(左)と宇山賢=17日、成田空港(共同)

 14日にエストニアのタリンで行われたフェンシング男子エペのワールドカップ(W杯)を制し、主要国際大会の同種目で日本勢初優勝を果たした見延和靖(ネクサス)が17日、成田空港に帰国し「とうとうやってやったという感じ」と満面の笑みで喜びを語った。
 28歳の見延は準決勝で世界ランキング1位のゴチエ・グリュミエ(フランス)を破り、決勝では23歳の宇山賢(三菱電機)との日本人対決を制した。来年のリオデジャネイロ五輪出場にも前進。「(宇山も一緒に勝ち上がり)僕も頑張ろうという気持ちが大きかった。実力以上の力が出せた」と充実感に浸った。(共同)





ページトップへ